teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


HP変更のお知らせ

 投稿者:ふるふるメール  投稿日:2008年12月18日(木)05時06分4秒
  光回線になりましたのでサーバーを移行しました。
新しいURLは以下のように変更になります。

http://www.efplaning.co.jp/

2007年10月HP閉鎖の時点に戻してあります。よって、古い情報ですがHPは全て生き返り
ました。カウンターについては後日対処しますので今はまだありません。

メールアドレスもドメインを取得しましたので

furufuru@efplaning.co.jp

と変更になります。

近日中に(多分今年一杯)元のサーバーがクローズドされると思いますので
お手数ではありますが、URL e-mail の変更をお願いします。
尚、アドレス帳に掲載してある方にはその旨移転mailを後で送信します。
 
 

サーバー移転完了に付きHP復活

 投稿者:ふるふるメール  投稿日:2008年12月18日(木)05時01分24秒
  光回線になりましたのでサーバーを移行しました。
新しいURLは以下のように変更になります。

http://www.efplaning.co.jp/

2007年10月HP閉鎖の時点に戻してあります。よって、古い情報ですがHPは全て生き返り
ました。カウンターについては後日対処しますので今はまだありません。

メールアドレスもドメインを取得しましたので

furufuru@efplaning.co.jp

と変更になります。

近日中に(多分今年一杯)元のサーバーがクローズドされると思いますので
お手数ではありますが、URL e-mail の変更をお願いします。
尚、アドレス帳に掲載してある方にはその旨移転mailを後で送信します。
 

戦闘機復活

 投稿者:ふるふるメール  投稿日:2008年12月12日(金)09時19分52秒
  5月に車検切れのまま何処かに消えていた戦闘機が車検を終えてやって来た。
久し振りの狭さである。懐かしのバケットシート・・。
雪である・・・ムフフ。
路面は凍結している・・・ニンマリ。
冷え込んでて雪が降ってて全面アイスバーン・・・・わっはっは。
ワシの季節である・・・が、大人しくしなければ・・・・。

で、ゆったりと流れに乗って、信号で先頭に立った時だけVIVIOの
スタート・・でもって久し振りにアベレージを取る。
夏でだいたい20km/h前後だが、今日は15km/hと言うところ。
まあ、そんなもんだべなあ。

昔のラリー屋さんだと、このアベレージ速度に意識が沸く。
でも今のラリー屋さんは何の事か意味も分からないだろう、多分。
「ラリーって、何キロ位で走ってんのさ。」
と言う質問を良く受ける。
「ウーン、普通の林道で50、60km/h程度だねたいがい。」
質問してる人が期待してるのは150km/hとか200km/nとか
多分レースのイメージがあるんだと思う。
キプロス・ラリーでトップだったカルロスサインツのあるSSの
アベレージが40km/h未満だったなど多分信じないだろう:笑。

今も本州ではオンタイムラリーを開催している所がある。
SSの他にハイアベレージ区間が儲けられ、指示速度が与えられる。
直線は100km/h以上で走れても、上り下りのクネクネやヌタヌタや
浮き砂利なんかを含めてアベ50km/hを死守する為にSS以上に
必死にならざるを得ない。
30秒先行で走っていたのに、いつの間にか「オンタイム!」後は
遅れるばかり・・・30秒遅れ・・・以降は最早ナビも告げなくなる。
遅れ遅れでチェックへゴール・・悲惨な38秒遅れ意気消沈。
ところが、それが2番時計だったと知るのはゴール後の暫定発表・・・。
45km/h以上はハイアベ・・・無論60km/h以上のアベレージは
道交法上存在しない。
単純には言えないが昔から取って来た練習で行く林道のアベレージは
Jr.で65km/h程度Champで75km/h程度だった。Jr.とChampで10km/h
のアベレージ差が歴然と存在した。
最も、Champ上位の数人はそれじゃあ追いつきもしなかったが・・。
クローズド・ラリーの話なので「見た目」で走っていた頃である。
50km/hがいかに速いスピードであるか、思い知らされて20年である。

札幌の交通事情で信号を避けながら裏道を通って夏のアベレージが
20km/hである。
アベレージを60km/hに入れて高速に乗る。そこで貯めた先行のタイムを
下に降りてから吐き出すのにそんなに距離は要らない。
信号一つで30秒から1分払う。70km/hの流れも信号一つであっと言う間に
減算・・一般道で60km/hを保つのはまず不可能。

斜里まで行った頃、走れる処は全て100km/h、街中60km/hで何とか
出たアベレージが71km/hである。長距離を結構爆走したってそんなもん
なんである。
WRCでのゴールタイムの予測ではスタートからの距離をそのまま分換算する。
アベレージ60km/h、1km1分。この予測は大きく狂わない。
30kmのSSなら30分、ミッコだろうがローブだろうが20分で来はしない。
 

2輪駆動1.5以下クラス車両考

 投稿者:ふるふるメール  投稿日:2008年12月10日(水)20時32分33秒
  1.5クラスの車両を一番安く入手する方法が話題に上がる。
一番安いのは本州から出来上がった1.5を買うんじゃあ無く、スターレットを引っ張る
事だと意見は一致している。多分30万円から40万円あれば入手できるだろう。
VITZ1.5RSを入手するだけで多分50万円は必要と思われる。それにロールバーを入れ
アンダーガードを取り付けモロモロ装備したら黙って総額100万円は簡単に越える。
更に言えばバケットシートやシートベルトなど、前もって持っているなら良いが
まっさらから1.5FFを走らせるとなると150万円弱・・・とてもビギナーにはお勧め
出来ないクラスとなる。
多分、作って一番安いのがVITZ1.5RS(旧型)であるから新型やFIT、コルトなどでは
最初から手出しする気にもなれない。
200万円出すならかなりしっかりしたフル装備エボやインプも購入出来る価格帯になる。
ワシが1.0FFから1.5FFに部品を流用したとしても100万円を切れないだろうと試算する。
なかなか難しいクラスであると今になって思わざるを得ない。
1.0FFVITZのようには行かないのが現状だ。
すりゃあ、本州のVITZRALLYから車を引っ張ればどうか?まず足回りはほぼノーマル
であるから一式交換を考えねばならない。現状本州での取引価格の相場は不明(言い値)
であるから取引価格プラス30万円程度を覚悟する必要があるだろう。

どうあがいても、スターレット以上に安上がりな方法が見つからなかった。
それぞれ皆様々な方法で作って来るのだと思うが、正攻法で入手するにはそこそこ
お金が掛かる事は覚悟しなくてはならないだろう。
来年はワシも様子見である。
 

格安ラリー!始動!!

 投稿者:ふるふるメール  投稿日:2008年12月 8日(月)12時50分8秒
  2009年度冬季ラリー「第23回 EZO ENDLESS RALLY」のレギュレーションを見て
驚いた。
コース総距離11km! SS総距離8km!・・・・総距離11km?一桁違わねえ??
(これもJAF選手権を外した恩恵)コースは千歳トライアル場1箇所。
更なる驚きはエントリー・フィーである。
チャンピオンシリーズ 30000円 ジュニアシリーズ 20000円 2WD1.5 16000円
ビギナー 12000円 クローズドに至っては 10000円!!
(但し、クローズドはSS距離5kmとなる)
ラリーは二人でエントリーするから、折半しているクルーはこの半額でOK!
トライアルより安いではないか!!
更にトライアル会場から一切出ないから障害保険も不要。JMRCに加盟してればOK。
つう事はエントリー・フィーポッキリである。

20年程前、Jr・からラリーを始めて以来シリーズ戦としては一番安上がりなラリー
である。
クローズドは車は何でもOK。ロールバー、4点式シートベルト不要。タイヤは普通の
スタッドレスでOK。最早単なる走行会である:笑。
しかし、そうでもしなければラリーに関わる機会もなかなか無いだろうしね。
三角表示板だけは持たせるように指摘はしたので、貸すのか持参させるのかはクラブで
考えるだろう。
関東では一般車が普通に搭載している三角表示板なのだが、北海道の場合積んでる車は
非常に少ないように思われる。未だに北海道って、その辺の意識が薄い:涙。

この3週間前にはAGの「ブリザード・ラリー」が開催されるが、内容はEZOと
ほぼ同じと考えられる。
チャンピオンでも2戦合わせて6万円ポッキリ。去年の1戦分でしかない!
去年は1戦47000円、これに障害保険を入れて約5万円である。

これって本当にラリーなの?疑ってしまうが、現在最も最適な形態と言えるだろう。
SSラリーが始まった時「山岳トライアル」とワシは呼んだが、いまや冬に至っては
山岳でもない、単なる「トライアル」である。
トライアルと区別がつくとすれば、トライアルはスタッドにこだわりスパイクタイヤ、
ラリーはスタッドレス・・・Cクラス以外リストリクターも要らないから車の
レギュレーションが違う必要すら無い気がする。
ま、ここまで来てJAFが例外規定を認めたのに関わらず未だに変化が無いトライアル
自体理解不能なので多くは語るまい。

情報ではFF1.5クラスの出場台数は夏以降に出場する意志を持った選手が増えている
らしい。冬についてはFFと言う事もあり定かではないが夏以降面白くなりそうである。

クローズドにいらっしゃい!と言うラリーとなった。本来は大きな声では言えないのだが
ラリー界もここまで冷えると、そうも言ってられない状況である。
全くの素人さんでもOK。但し出場は1台に二人乗車である。ラリーだから・・ね!
 

ほーむぺーじ引越し

 投稿者:ふるふるメール  投稿日:2008年11月25日(火)23時06分35秒
  14ヶ月の沈黙が今日終わった。再開と行きたいが近く光に変るので残念ながら
ここを引越さざるを得ないようだ。
その内ここで案内はする。多分12月に入って1週間程度だと思われる。
ネットの契約を初めて人にゆだねる事になった為に細かいスケジュールまでは
把握していない。
また、再びドメインが復活する。どうしても取得しなくてはならないらしい。
前のドメインや類似のドメインは全て取れなかったので、少し長くはなるが会社の
正式スペルがそのままドメインとなる。前はefplanだった。
普通と何が違うか・・・。実はワシの会社名はちゃんと読むとエフプランイングである。
efplanningではない。efplaningと中のnは一つ足りない。
元々のロゴは2色である。真中のnだけが赤で二つのnを意味していたのであるが、書類や
名刺は全て白黒なので必然的にnの1個無いものとなった。nが2個続くとみっとも無いし。
よって普通にn2個続きのefplanningで入力してもここには来れないんである。

光になるのと今後は管理されるようである・・・(人まかせだしい)
引越しと同時にHPも再開する事になる。間に合うかどうかは別だが:汗。
作りは何も変らない。10年以上質的には変化無い。なにせ未だnetscapeで作っている。
 

完全オフの時期だが

 投稿者:ふるふるメール  投稿日:2008年11月20日(木)23時36分45秒
  数年前からダートトライアルでは選手権でさえロールバーの規定が無い・・らしい。
JR.ならまだしも選手権ですらロールバー不要と言うのは流石に驚いた。
5回転とも6回転とも言われる古沢スターレットターボの記憶や数々の転倒を見て来た。
去年も滝本シビックが空中1回ひねりを決めたのを目撃している。
もしもロールバーが無かったならば「即死」だったかも知れないのである。
入れるも入れないも、個人の自由と言う考えも分からないでも無いが、選手権は草レース
では無いし、腕も確かであるが故にトラブルは極端に大きく出る。

冬のラリーにクローズドクラスを設定しようとしたら、ラリー規定に「ロールバー」の
シバリがある。コースはトライアルと全く同じであるが故に少なくともクローズドに
ロールバー規定を厳格に適用しなくても良いのではないかとの要望がある。
最もな事である。(但し、冬のラリーに限った特例としてである。)
すりゃあ、この規定を作ったのはラリー部会であるから話はややこしい。

クローズドにて一般車を走行させようと思っても「体験走行」でさえも「ロールバー」を
装着しなくてはいけないとなると「非現実的」である。
現在のラリーのシバリはトライアルの逆であまりに「過激」であるとも受け取れる。
ワシがJr.で走っていた頃はJr.にはロールバーの装着義務は無かった。無論現在のSS
ラリーではなかったにしてもそれでSSを走っていた。
それは「親父の車」でも出場できた事を意味していたから、まあ様々な車種が見れた事。

現在冬のラリーは千歳のトライアル場を使って行われている。そうしてタイヤはラリー
スタッドレスであるから速度は押して知るべしである。
選手権はシバリの上で安全を図るべきとは思うが、クローズドの一般車については
ロールバーは不要だと考えられる。
ラリーコンピュータも不要の形式である現在のラリーはロールバーの規定を除けば
一般車も十分参加出来ると考えられる。冬だけの体験走行エントリーでも敷居は
ぐっと低くなる。
新しいラリー入門者の門戸の一つになるだろう事は明白であろう。
特に体験セミナーを受講した人達などが、お試しにエントリー可能となるのである。
いつまでも「作った車でなくては体験走行希望者すら走らせない」と言う態度では
今後のラリーの未来はあまりに暗いではないか。

少なくとも、来年、冬のEZOのラリーのエントリー・フィーは今年より安くなる筈である。
クローズドはもっと気軽な価格で出場できるだろう事は予想がつく。
ヘルメットやグローブなども知り合いから借りれば、やたらお気軽にエントリー可能。
そのためにも「特例」が承認される事を望む。
 

劇的と言う奴

 投稿者:ふるふるメール  投稿日:2008年11月 5日(水)15時37分49秒
  ブラジルグランプリの最終周回数の最終コーナー。有り得ない奇跡が史上最年少の
チャンピオンを産んだ。
去年は自ら自滅して1ポイント差で逃し、この残り十数秒の奇跡が無かったなら再び
悲運の帝王となっただろう。
世界で最も崇高な「フォーミュラー・ワン・グランプリ」と言う最高カテゴリーだから
こその天才達だから成せる事であり、凡人が偶然の重なりで起きるものとは全く異なる。
これこそ「ツキ」では無く「奇跡」と呼ぶのだとワシは思う。
2007年と2008年の最終戦は正に新時代のF1の幕開けとして後世に語り継がれると思うのだ。

世界最高峰・・これを垣間見る時はそうざらには無い。
先日のWRCに於いて30km以上の距離を走りながら1位と2位は0.2秒差、1位から4位まで2秒差
であった。全く違う車で、全く違うドライビングセンスを持ちながら、世界で最も速い
男達は同じ秒数で目の前を駆け抜ける・・・鳥肌が立つのである。

世界を制しているのはほんの一握りの男達であるのだが、そのほんの一握りである意味は
戦いを見ていればおのずと納得できる。
すら、速い車に乗れば誰でも速く走れるのか?そうでは無い。最早そんな次元を遥かに
越えた処にいる男たちだからこそ最高峰の車を操って数々の奇跡を生んで行く。
セナがそうだったように、シューマッハがそうだったように、王道を駆け抜ける者は
奇跡に富んでいる。
アロンソとハミルトン。この2人はその王道を進む予感を感じさせずにはおかない。
今年のアロンソはまるで何かから開放されたかのようである。そして勝ち方も風格を
見せる勝ち方となった。
2009年を楽しみにさせてくれる。
 

時代は変わった

 投稿者:ふるふるメール  投稿日:2008年10月30日(木)02時41分30秒
  かつてここが事務局だった時代、一番の大イベントは雪の全日本だった。
本当に年がら年中ラリー漬けだった気がする。しかし、かき回す者が現れた。
ベテランのラリーストがポツポツと抜けて新しいメンバーと入れ替わり始め、
そうしてワシもあるきっかけを持ってクラブを止め、ラリー屋からダートラ屋に転向した。
4年間、他のクラブで走っていた。
インターが始まると当然の如く呼ばれ、走りは他のクラブで出場、オーガナイズはここ。
クラブに復帰したのは良いがウラシマタロウ。メンバーはすっかり変わり果て誰が誰か
知らぬまま・・それでもやる事やる・・・と言う事で今日まで来てしまった。
今ではB級ライセンスの受付のみだった筈が、いつの間にか仮の事務局扱いになってる
ようだ。最も今後も再び事務局長を受けるつもりは無いので今が一杯一杯だろう。
走り屋のいないクラブなので、オーガナイズ以外で出会うクラブ員はほぼ皆無である。
ワシは基本的にラリー屋は嫌いである。ラリー屋とはウマが合わない。
普通のラリーストの考え方と異質の処にいるので仲良くなる機会もないし、仲良くなりたい
と思った事も無い。尊敬するのは今まで出合って来た師匠達である。
北海道のラリーで育ったワシには、一緒に作って来た歴史もまたある。だから将来が
どうなるのかに強い興味も持っている。
また、ワシのラリーへの考え方には商売などは一切絡まない。全く別世界にいるからだ。
そこんとこが絡んで来る場合には師匠に聞くしかない。
ラリーそのものについても師匠がいる。その師匠の考え方が好きだからラリーに関わって
いると言っても過言ではない。
レースの師匠もいる。直接レースに関わってはいないが学ぶものは多きい。
トライアル屋さんには結局なれなかった。また、今はますますトライアルについては
理解不能になっている。ラリーを止めてトライアル屋さんになった人は多いが、ワシは
ラリーを引退しても、あそこの世界に加わる事は無い気がする。

約20年に渡って北海道のラリーストとしてボチボチやって来た。
しかしながら、ラリーも変ったがラリーストもずいぶん違う人種になった気がする。
アナログの時代はもう終わってしまった。
 

この掲示板を閉じるべきか・・

 投稿者:ふるふるメール  投稿日:2008年10月29日(水)10時39分40秒
  有り難い事に、何年も前からこの掲示板に訪れてレスはくれなくても、この
書きっぱなしを読んで下さってる方も居られるので、その方に向かって
ココで知った現状や予報または個人的意見を述べてラリーの今後のあり方
などを書いて来た。
昔のHPから考えるともう10年以上「薄い裏情報」や他では云えない文句なども
訪問者数の少ない路地裏掲示板を理由に堂々と書いて来たつもりである。
一時は「過激だ!」と避難されたりもしたが「したら、ここ来るな!」と
突っ張った時期もあった。
が・・・時代は変わったらしい。
RALLY JAPANから「裏情報を流すな」と言う苦情が非公式ではあるが届いた。
こんなちんけな親爺の掲示板からの情報でも色々問題があるらしい。
よって、今後一切RALLY JAPANについての情報はここには書かない事にする。
かなり悪意に満ちた使い方をしているらしいね・・・ラリー屋の質も落ちた
もんだ。最もラリー屋でな無い一般の方々もJAPAJでは関わって来るしね。
毎年恒例でオフィシャルスケジュールなども書いて来たが止めた。
オフィシャル日記も近く再開する予定のこのHPでの公開はしない。
悪意を持ってここを訪れてるなら居なくなってくれないかな・・・。
今、長年続けて来たこの掲示板を閉じるべきかを考えている。
明日、2008年RallyJapanで受付をしてワシのWRCが始まる。
RallyJapanについてはもう語らないので、その情報を知りたくてここを
訪れていた人はもう来ないでくれ!悪意はもう結構!!
 

レンタル掲示板
/10