teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:5/77 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

癌に対抗

 投稿者:TA  投稿日:2010年 7月 5日(月)05時07分15秒
  通報
  癌は、遺伝子が傷つくことで、異常な細胞になってしまうことのようです。

活性酸素も傷つける一つとなりますね。放射線もそうみたいです。

ですが、放射線で被爆するような生活を送っている人は少ないと思います(原発勤務など)

では、活性酸素の一つに絞られてくると思います。

もちろん、食事としてのカリウムにも放射能が微量入っているそうですが

あまりにそれは微量なので気にする必要はないそうです。

死の灰を吸ったら、それは、体内でずっと放射線を出し続けるそうです。

そういった環境にいないわけですから、活性酸素との戦いが中心になると思います。

これは、遺伝子が傷つかない方法です。ビタミンCとEは必要不可欠です。

ですが、それらを摂取していても悪性腫瘍になってしまった場合は

放射能をかすかに出す温泉が、逆に免疫をあげるそうです。

温泉で身体のしんまで温まり、オレンジジュースを飲み、カボチャを食べる。

免疫の判断力を低下させないように(これが低下すると癌細胞を攻撃しません)

体力を失わないように、消化のいいものを食べる。しかし癌細胞に栄養をもっていかれる

でしょうけど、全部もっていかれるわけではありませんよね。

正常な自分へちゃんと体力を維持するだけいけばいいと思います。

体力が維持できれば、高温の療法にも耐えることができます。

高濃度ビタミンC治療にも耐えることが出来ます。

私の父は、その体力がなく、治療をうけられませんでした。

病院の検査入院で、何日も何日も絶食した結果、ガリガリに痩せて体力すごく低下しました。

あんなに、肝臓に転移で、レントゲン写真がまっくろくろなんですから

一目瞭然の写真なんですから、検査だからって、絶食をさせるのは正しかったのだろうか。

死を早めただけだと思ったし、

くだらない検査で、命にタイムアウトになっちゃったよ。

検査しなくたって、肝臓が真っ黒の点がうじゃっじゃうつっているんですから

それ以上の絶食の検査はムダだったと思われます。

おかげで、その間に体力なくなり、免疫もなくなり、命はパーです。

杓子定規な検査って、患者にとっては不利益になることも考えなくては。

癌をやっつけろと思う人は、体力をおとさないようにしてくださいね。

体力があれば、熱い風呂に入れます。その風呂は免疫を活性化してくれます。
 
 
》記事一覧表示

新着順:5/77 《前のページ | 次のページ》
/77