teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:39/403 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

忙中閑あり

 投稿者:梁山泊  投稿日:2017年 6月13日(火)22時41分37秒
  通報 編集済
  明後日から5日間続く、暴風雨の前にヤフオク落札品を磨いてみました。
龍山作の水無瀬の盛上駒ですが、木地は御蔵島の自然木を木口取りを
しています。この木地は小径木の様で多くの駒に年輪の中心部があります。

この駒は樹脂分がタップリで、硬く、重量感があります。この駒の製作時期は
大正末期から、昭和初期と推測します。
この駒は蝋仕上げをして艶は一層輝きましたから、駒に油は使用されていませんね。

同じ、初期龍山の比較として錦旗の駒銘も掲載しました。尚、こちらの駒は豊島数次郎作ですが、
私には水無瀬の作者は解りませんが、静山ではありません。

又、入手前に王将(玉将)の書体に感じた違和感は実見して消えました。

木口杢と言えば、30数年前でしょうか? 将棋連盟が、香月作の盛上駒で錦旗(だったと思います)
を虎杢と称して、木口杢を50万円で大量に販売した事がありましたが、駒権はこの駒は
インチキだと、直接伺った事があります。

                  追記
因みに5日間続く、暴風雨で落札したい駒は6組ですが、何組落札出来るかは成り行き次第です。
 
 
》記事一覧表示

新着順:39/403 《前のページ | 次のページ》
/403