teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:29/397 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

奥野宗歩好

 投稿者:ばた  投稿日:2017年 6月18日(日)03時37分41秒
  通報
  毎度どうもばたです。
例の宗歩好、決着着きましたね。
皆さんも最初の落札価格にはびっくりしたと思います(なんせ2000万円オーバーですから)。私もそうですが、驚いたと同時に金額を間違って入力したんだろうな、と。最終的には310万円ですから、高額ですが、あの駒ならありえない価格ではないと、納得。
私は100万ちょいまで入札し、安くても150万以上、まあ、200万は超えないだろうと予測し見守りました。
最近の価格低迷や、デフレが長く続く日本で、銘駒と言えど300万円オーバーには、最後まで争った人には賛辞を送りたいです。それと、おめでとうございます?。この辺の価格まで来ると、ジェラシー通り過ぎて、諦めがつくので、いろんな意味で良い結果でした。

木村の派手な虎斑彫り埋めは、欲しかったのですが、いつもの失念。15万円では安いなあ~~と、これも落札者乙です。梁山泊さん解説の外地虎斑と言う事と、あれだけの綺麗な木地に対し盛り上げ駒ではなく彫り埋め止まりと言う事実で、木村のこだわりが垣間見れ、流石だな、っと。
現代作家も外地の木地に対し、彫り埋めまでと言うこだわりを持った作者がいて欲しいし、本来そうであって欲しいですね。日本独自の文化である将棋で、最高峰に位置する盛り上げ駒を国産以外の物で作るのは現時点ではどうなのでしょう?盤のように、そもそも材料がないのであれば、致し方ないし、彫り埋めまでなら良しとする訳だから、と、つい勝手な事を思ってしまいます。
今回の奥野宗歩好に話を戻しますが、私は棋具界の◯◯◯を目指しています。ですので、あの駒を所有した人は大変だなと思うのです。これからが大変ですね。ただし、嬉しい悩みですが。

とにかく、昨今の銘駒惑星直列の太陽的存在も、落ち着きの良い結果で、何だか清々しい気分です。
残っている駒もなかなかですし、来たる7月11日には、キコリさん+影水銘品がありますし、最近将棋関係は熱いですね。
 
 
》記事一覧表示

新着順:29/397 《前のページ | 次のページ》
/397