teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:2/397 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

RE:ヤフーオークション②

 投稿者:梁山泊  投稿日:2017年 7月31日(月)23時21分12秒
  通報 編集済
  奥野作菱湖書は硬くて重い根杢です。赤い薩摩黄楊の奥野作菱湖書も
重い駒ですが、此方の方が更に重い様です。金龍書は過去に豊島(龍山)
・信華・紫雲の盛り上げ・彫埋め・彫りで10組以上は購入しましたが、
直ぐに飽きるレベルで、何れも日を置かず手放しています。しかし、
この金龍は良い駒ですが、途中で止めてしまいました。金龍のトラウマ
が残っていたのでしょう。 今、金龍書であるのは木村作1組のみですが、
この駒を見るとこの当時は影水より木村の方が、駒の値段が高かったのが、
納得出来ます。尚、オークションの金龍は汚れを落とせば、素晴らしい虎斑
が出ます。キャラメル駒はケンボウさんの先達ですね。

本日ですが、修理をお願いした奥野作錦旗と竹風作昇龍書が出来上がってきました。
現代作者で第1人者の修理ですから、これ以上の手直しは無いレベルです。

願わくば奥野作の菱湖書の修理もお願いしたいのですが、流石に図々しくて
言い出せません。

さて、明日は昨日落札した信華作の安清書の駒が到着します。
この駒はザクトライオンを使って、汚れを落として蝋仕上げを
する予定ですが、場合によっては汚れを時代感で目立たない処理をします。
尚、1週間前も同じ作者の同じ書体で、同じ黒檀の駒箱ですが、此方は使用感が
無いだけに落札価格は134,000円でした。尚、先週の落札価格は120,000円ですが、
此方はトウシンさんの出品ですから、駒の程度を考慮するとやや割高です。
(仲人の口上が功を奏しています)

添付画像は奥野作菱湖書の裏面です。尚、この駒は修理(漆の盛り上げ)の
可能性がありますから、蝋仕上げは致しません。又、この駒の汚れを落とすと
金色の大虎斑に変身すると思います。

将棋の駒 盛上駒 信華作 安清書
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/x497462857
 
 
》記事一覧表示

新着順:2/397 《前のページ | 次のページ》
/397