teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


RE: RE: 不思議な駒

 投稿者:梁山泊メール  投稿日:2010年11月22日(月)00時22分12秒
  謎だらけの駒です。漆の陥没に注目して下さい。  
    (梅水コメント) あ、なるほどねぇ。こりゃ、当たりませんよ(笑)。キコリさんに講釈していただくのがよさそうですね。  
 

RE: 不思議な駒

 投稿者:梅水  投稿日:2010年11月21日(日)21時37分56秒
  不思議な駒というぐらいですから書体銘が「源兵衛清安書」とでも。  

Re天童将棋駒祭り初日

 投稿者:bremen  投稿日:2010年11月21日(日)08時35分43秒
編集済
   初日は平日のため行けませんでした。残念。
 2日目に参加しました。10歳の息子は会場に入るまでは新幹線に夢中でしたが、入った途端に駒づくりに魅入られていました。実演会場では国井天竜先生と麻生留美子先生と再会。ものづくり大好き息子が気に入られて「龍」の根付2種を頂戴しました。息子も書き駒体験で「龍」を書かせて頂きました。親馬鹿ですが味のある飾り駒ができました。
 息子が気に入ったものは、国井天竜作の阪田好と「中将棋」の盤駒セット。将棋には無い駒の動き方が知りたいようです。「盲虎」などの名称にも興味があるようでした。
 小生は天童楷書本つげ手彫りの駒が欲しかったので伝統工芸士「山王作」を分けていただきました。初日に複数の方がお求めになったようです。三代目S将棋製造元さん情報。
 なお上田女流の指導対局では親子共ぼろぼろでしたが息子が温情の色紙を頂戴しました。親切にご助言もいただき、上田先生の笑顔でのご指導と見守る方々の真剣なまなざしに感動しました。
 今日は戸辺六段が見学にくるかもしれません。(ブログに書かれています)
 とても素敵なお祭りです。「来年も行きたい」と息子が言っています。
 

不思議な駒

 投稿者:梁山泊メール  投稿日:2010年11月20日(土)20時51分50秒
  この駒の書体名と作者名解りますか?
以前オークションに出品された駒です。
 

RE:天童将棋駒祭り初日

 投稿者:梁山泊メール  投稿日:2010年11月20日(土)15時41分21秒
  一番観たい駒をUPして頂きました。巷では太字の清安と言われる書体ですが、豊島の清安は
細字です。静山がこの書体を太字にアレンジして駒銘は清安書です。
又、別の(龍山には他に清安書の書体が存在します)清安書は太字ですが、同じく静山のアレンジは細字で駒銘は源兵衛清安書です。

中島商店にこの駒があるなら、春には吉田工房に駒箱の製作依頼に行きたくなりました。
この時にこの駒をじっくり拝見させて頂く積りです。
 
    (梅水コメント) 駒尻には「豊島龍山作」とありました。清安にしか見えないので書体銘は確認しませんでした。  

天童将棋駒祭り初日

 投稿者:梅水  投稿日:2010年11月19日(金)17時28分52秒
編集済
  行けるかどうか当日までハッキリしなかったのですが今日、行くことができました。掬水師の新書体、中国唐時代の書家 楮遂良(チョスイリョウ)の彫埋駒は初日早々売れてしまいました。その他、人気の天一作(二代目)の上彫り(静書)が出ていました。3万円だそうです。また初代天一作の上彫りと中彫りも出ていました。中島商店には豊島龍山作清安書と静山作錦旗書(共に非売品)が展示されていました。個人的には淘水師と昼食&ミーティングができたのが収穫でした。以上簡単ですがレポートです。

【豊島龍山作清安書】(中島商店 非売品)

(光量不足 iso800感度)
 

RE: いよいよですね

 投稿者:梅水  投稿日:2010年11月12日(金)11時34分4秒
  bremenさん、ありがとうございます。特に「天童将棋駒祭り」は銘駒図鑑恒例の盛り上がり行事と位置づけたいですね。何といっても天童あっての将棋駒ですから。そして、あの駒は十三棋道舘道場さんで一万局は使われただろうとのことです。すごいですねぇ。駒というのはすごいんですよね。

 

いよいよですね

 投稿者:bremen  投稿日:2010年11月12日(金)10時20分7秒
  11月13日(土)14日(日)の展示即売会(将棋駒研究会)は上京できず残念ですが、
その次の週の天童将棋駒祭りは電車の指定券と東京タワーの入場券を買ったので何がなんでも行きます! 楽しみです! 皆様、二つのイベントの情報をこのオープン掲示板で確認してたくさんのご参加を!

>十三棋道舘道場
よくホームページを拝見しております。写真の駒、大好きです。天童楷書で手彫りの駒が使い込まれて残っているのがすごいことですね。
 

RE: 掘り出しもの(天童将棋駒祭り)

 投稿者:梅水  投稿日:2010年11月 4日(木)21時21分22秒
編集済
  楽しいですよね。あれやこれや大いに楽しみましょう。天童将棋駒祭りは天童楷書の駒が勢揃い?ですよね。見て回るだけで楽しそう。

写真の駒は天心作上彫りではないでしょうか。天童の駒師と思います。中彫り、上彫りなどでよい作はほんの一握りだと思います。だからこそ宝探しのようで楽しいじゃありませんか。

↓こんなの見つけましたよ。使い込んだ味わいがいいですね。

【天上作シャム黄楊彫り駒(十三棋道舘道場での使用駒)】


ネタ元: http://www.juuso-kidokan.com/syougikomahakubutukan.html
 

RE: 盛上げ駒ですけど

 投稿者:梅水  投稿日:2010年11月 4日(木)20時58分36秒
  レイさん、こんにちは。ご投稿ありがとうございます。掬水作水無瀬書ですか、よい駒をお持ちですね。わたしは彫り駒好きではありますが、盛り上げ駒が嫌いなわけではありません。盛上駒もたくさん持ってますよ(笑)。  

掘り出しもの(天童将棋駒祭り)

 投稿者:bremen  投稿日:2010年11月 4日(木)00時28分53秒
  梅水様
>上彫りの優れもの獲得競争
 素敵な響きですね(笑)。夢が広がります。財源は家族奉公(地デジ化対応)で枯渇してます。情報を得て獲得共闘ならできるかも・・・・・
天童将棋駒祭りには小学生の息子と参加予定でおります。たぶん中日の午後になるかと思います。息子は駒も好きですし、何より女流棋士との対話に興味を示します(笑)一番の目当ては東京タワー見学らしいですが。
 写真は終了したオークションからの画像です。生地、駒銘よく分かっていないですが、天童の彫り駒のように見えます。状態はよくないでしょう。でもなんとなく気に入りました。

 レイ様 投稿写真楽しませていただきます。ありがとうございます。
 梁山泊様 別板でも刺激になるよき写真の数々、ありがとうございます。
 

盛上げ駒ですけど

 投稿者:レイ  投稿日:2010年11月 3日(水)13時38分39秒
  家にある駒の写真を撮りましたので、
よかったら見て下さい。
 

RE:RE:RE:香月作楷書彫り

 投稿者:梁山泊メール  投稿日:2010年10月31日(日)19時39分13秒
  その駒は銘駒写真館に掲載させて頂いています。当時、駒権師は病気療養中で根杢の駒の注文は気力と根気が回復するまで待って貰っていると伺っていました。
又、師は私は何々杢と揃えたりしません。誰でも良い木地が欲しい、私は混ぜて使用しますと言われていたのが印象的でした。

王の縦線は超深彫りで、漆黒(呂色)の漆で彫り跡は決してを見せない、道具として理想的な仕上げの駒でした。

しかし、例の如く既に私の手許にはありません。
 

RE:RE:香月作楷書彫り

 投稿者:梅水  投稿日:2010年10月31日(日)17時49分58秒
  そうでしたか。素敵なお話しです。昭和51年の1万5千円ですから上彫りといっても贅沢な品ですね。歩は上彫りという駒の性格上もなくなりがちですから余り歩3枚というのも気が利いています。見てみたい駒です。

ところでわたしは、梁山泊さんがご存じのように駒歴は浅いほうです。ですから駒の見方というのも今でさえ刻々変化しています。わたしはおそらく自分の性格上、早い時期から彫り駒に好意を持っていたのですが、その彫り駒への見方も変化しています。また、武山(森山慶三)や天一(佐藤静)などという練達の彫り師の作との出会いにも大きな影響を受けました。

駒に興味を持った当初、天童を多少バカにしていたように思います。今でも天童の作には目を覆いたくなるような駒があるのは事実です。しかし、現在のわたしは天童に対し一定の敬意を持っています。やはり、鍛えの入った天童の彫りと多くの時間をかけて字母紙に忠実に拵えたアマチュアの彫り駒では比べようがないもの。

天童の上彫りの名品といってよいものには動きを感じます。でも、実際には彫られた文字は静止しているわけですから..ぎこちなさがなく、勢いを感じるとでもいうべきでしょうか。アマチュアによって大変丁寧精密に彫られた作であっても、その文字にはどこかぎこちなさがあり、ぎくしゃくしている。そんな感じを受けることがあります。

これを機会にわたしが魅了された彫り師をご紹介します。武山、天一、桂山、駒権、木村、影水、(香月)、秀峰..の方々です。香月が()付きなのはご本人の作かどうかは分からないというところです。一部を除くその多くの作はわたしの好みではありません。香月作としては今回の上彫りや↓などはいいですねぇ。
http://homepage1.nifty.com/kajin~koma/sousyo.htm

木村(文俊)作の彫りとしては、何といっても「かく園」(駒のささやき掲載)ですね。この駒の魅力はすべての方に理解できるものではないと思いますが、わたしが憧れる駒の一つです。


大阪彫りの仙桂作などにもごくまれに惹かれる作に出会うことがあります。
 

RE: RE: 香月作楷書彫り

 投稿者:梁山泊メール  投稿日:2010年10月31日(日)07時17分34秒
  中彫り(上彫り)は駒師熟練の彫りで、その価格故に木地、仕上げをとやかく言う駒ではありません。シャム黄楊でカシュー仕上げの上彫り駒を将棋道場では良く見かけましたが、画像の様に使い込まれた味わいが良いですね。尚、私は上彫り駒を昭和51年頃に購入した事があります。薩摩黄楊の彫り駒で駒銘は駒権匠、山本好(発注者の名前)で、予備歩は3枚
金襴の駒袋付で購入価格は1万5千円でした。この駒は当時カヤの2寸盤で良く対局していました。
 

11月のイベント再掲載 - まとめて

 投稿者:梅水  投稿日:2010年10月31日(日)02時41分45秒
編集済
 
詳しくはこちら → http://www.geocities.jp/komakennet/page002.html



詳しくはこちら → http://www.tendocci.com/koma/news/maturi/komamaturi.htm
ちらし完全版   → http://www.tendocci.com/koma/news/No8tendoshogi.pdf
 

RE: RE: 香月作楷書彫り

 投稿者:梅水  投稿日:2010年10月31日(日)02時32分39秒
編集済
  >> 天童楷書の駒がどこかにないかなーと探す日々。
◆ 一杯ありますけどね。ただね、優れものがないんですね。わたしも一組しぶい上彫りなどほしいのですが競争相手が多そうです(笑)。

>> 字母紙が手に入れば修業して、自分で彫り駒をこしらえたいくらいに渇望しています。
◆ ええとですね。駒は作れますよね。ただ天童の練達とアマチュアではやはり違うんですね。いかに精密に彫っても駒が生きていないように見えてしまいます。それでも彫る楽しみというのは素晴らしいことでしょうから挑戦されるのは賛成です。

写真の駒は面白いですね。本気で落札しようとは思っていませんでしたが、わたしも一口入れてみました。梁山泊さん辺りにバカにされそうで内緒にしようと思いましたが..(笑)。言っちゃいました。

bremenさん、上彫りの優れもの獲得競争と行きますか? こんなことを書いていると競争相手が増えすぎてオークションでは難しくなっちゃいますか。天童将棋駒祭りなど掘り出し物に出会えるかもしれませんよ。
 

RE香月作楷書彫り

 投稿者:bremen  投稿日:2010年10月31日(日)01時59分35秒
  梅水様のお気持ちがよくわかります。なんで落札できなかったのかと今でも悔やみます。落札された方には、ぜひとも鮮明なお写真を投稿していただきたいです。
天童楷書の駒がどこかにないかなーと探す日々。字母紙が手に入れば修業して、自分で彫り駒をこしらえたいくらいに渇望しています。

今日もうっかりして、最後のつめができませんでした。横浜古物さんから出ていた中彫りです。心魅かれて入札していたのですが・・・・。写真は横浜さんのオークションからです。
 

香月作楷書彫り

 投稿者:梅水  投稿日:2010年10月30日(土)20時01分28秒
編集済
  bremenさんが投稿された香月作の上彫りについてぶり返させてみたいです。写真の左側は興味なしです(ごめんなさい)。右側に注目してください。これ、いいですねぇ。並じゃないですねぇ。えっ?上彫りだって? いえいえ、書体じゃなくて作の出来です。これこそ「特上」の彫りだと思います。これ、誰が彫ったんでしょうね。素晴らしい!拍手拍手(原田九段を思い出します)。

【香月作楷書彫り】(写真右側)


下は久保田さんご所蔵の武山作の上彫りです。この作は実に素晴らしい。名品ですね。惚れ惚れします。この作と並べて鑑賞できるほど今回の香月作の上彫りはこれまた素晴らしい。飛車角金銀など他のピースもちゃんとしたサイズで見てみたいです。落札された方、ご覧になりましたらご投稿いただきたいです。

【武山作楷書彫り】(ご所蔵: 久保田勲 様)


じゃ、香月作の彫りとは概ね素晴らしいものなのか!? いえいえ、ちょっと待ってください。個人的な好みと思っていただいてよいですが..今まで多くの香月作(主に写真)を見てきましたが、わたしが興味を持った作は2つか3つだけです。

彫りではありませんが、そのなかでも印象的なのが、駒研会長の北田さんが所蔵されていた「駒師香月作草書盛上駒」です。この駒は静山が盛上の勉強にと自分で購入した駒ということとどなたからかお聞きしました。今は北田さんのお手元にはないそうです。
 

画像サイズの縮小方法

 投稿者:梅水  投稿日:2010年10月23日(土)18時06分52秒
  梁山泊さん、貴重な画像資料のご投稿ありがとうございます。ところで、画像のご投稿をしていただいてきた経験上、画像サイズの縮小が苦手な方が結構おられました。しかし下のホームページ上で簡単に画像の縮小が出来るんですよ。掲示板へのご投稿用としては 640px か 400px 辺りを選んで縮小してください。

★画像のサイズを簡単に縮小できるサイト → http://myct.jp/resize/index.php


もし、分からないことがあったら掲示板で質問してください。サポートします。
 

黒柿 孔雀杢

 投稿者:梁山泊メール  投稿日:2010年10月20日(水)23時17分19秒
  駒箱製作用にヤフーオークションで入手した孔雀杢の板です。  

無銘の彫り駒と紫檀 駒形の箱

 投稿者:梁山泊メール  投稿日:2010年10月20日(水)23時11分14秒
  前述した昭和初期の彫り駒と駒箱の画像です。  

美術の著作物

 投稿者:しろねこメール  投稿日:2010年10月20日(水)19時09分53秒
  著作権情報センターに将棋の駒について問い合わせてみました。一般的に、美術の著作物とは言えないそうです。例えば、プラスチック駒などの安価な駒。娯楽のもの。

竹風師や伝統工芸士の駒、プロ棋士が使う駒は美術の著作物と言えるそうです。
 

無断転載の写真

 投稿者:梁山泊メール  投稿日:2010年10月19日(火)23時04分7秒
  私が写した写真はデーターが重く送信出来ませんでした。  

無断転載の写真

 投稿者:梁山泊メール  投稿日:2010年10月19日(火)22時56分58秒
  明治以前の書き駒ですが、実は駒箱が非常に気に入っています。黒柿孔雀杢の駒箱など市販品で見た事もありません。別注すれば恐ろしい金額になりそうです。そんな訳で今、孔雀杢の板を集めています。写真の黒柿は最近集めた材料です。  

≪賢祥堂≫ ◆ 名工:金井静山 作【 将棋駒 】 ◆

 投稿者:梁山泊メール  投稿日:2010年10月19日(火)22時34分53秒
  この駒の入札は無いと思っていましたが、落札されましたね。静山作錦旗はヤフーのオークションに度々出品されますが、添付画像の様な駒銘であれば拾い物です。滅多にお目に掛かれる銘ではありません。  

RE: おー、ブンブン掲示されますね

 投稿者:梅水  投稿日:2010年10月19日(火)00時48分21秒
編集済
  またまた連投失礼つかまつります。香月作、いい面構えですねぇ。迫力あります。わたしは評価しますねこの作は。すべてをよく見たいですが、この玉将だけを見ておりますと上彫りの名品といえるかもしれないとさえ思えます。

これがおまけ付きで2万円なら、新品の一平作(2万円)には目が行かないか。しかし、今回の香月作は数あるものじゃありませんからね。
 

RE: 再掲 彫り駒

 投稿者:梅水  投稿日:2010年10月19日(火)00時32分1秒
編集済
  ぴいちさん、ありがとうございます。わたしのほうで(勝手に)少しだけ補正して(これまた勝手に)載せてみました。またオリジナルの最大画像よりも少しだけ小さくしました。



なお、最大サイズの補正バージョンは↓こちらです。
http://meikoma.com/image/images-for-keijiban-toko/gaho-uzen-hori.jpg
 

RE: RE: 天一作書き駒

 投稿者:梅水  投稿日:2010年10月19日(火)00時27分39秒
編集済
  そうですね。もちろんわたしもその写真を見ただけで書き駒か盛上駒かは判断できません(笑)。ファイルに記されたとおり投稿してみたのですがハテサテ。下は別件の天一作の盛上(であろう)駒です。

【過去トウシンさんに出た天一作盛上駒】(長谷川さんゴメンナサイ。無許可です)


本掲示板に掲載する時点で、上の盛上駒の写真と見比べて、なるほどこちらは書き駒なのかと一応納得したのですが強い根拠はありません。あと、木地もね。
 

おー、ブンブン掲示されますね

 投稿者:bremen  投稿日:2010年10月18日(月)23時36分4秒
   皆様の書き込みの勢いに圧倒されそうです。
 ぴいち様には早速の掲載ありがとうございます。うれしいです。さっきからずーとひたすら見ています。「いいなー」とため息です。今後このオープン掲示板を開くたびに喜びとため息が・・・・。
 ぴいち様、これからもよろしくお願いします。

 香月作の王将の写真がありました。大きい写真はこれだけでした。
 香月作の駒は未だ落札できず。達磨の飾り駒は以前に格安で落札したものを持っています。飾り駒は床の間用サイズです。
 

再掲 彫り駒  

 投稿者:ぴいち  投稿日:2010年10月18日(月)22時37分53秒
  bremenさんのリクエストにお応えして
追加写真を撮り直しました。
サイズ調整の作業中に成り銀が抜けているのに気付きました^^;スイマセン
拙い撮影技術でありますが、ご勘弁くださいませ
 

RE:天一作書き駒

 投稿者:梁山泊メール  投稿日:2010年10月18日(月)22時20分1秒
  私も同じ疑問を持ちましたが、掲載の写真では判断出来ませんね。しかし、例の駒は私もみせて頂きましたが、素晴らしい駒で私なら書き駒か盛上げ駒を調べる為に駒を研ぎ出す事はしません。しかし、止むを得なく調べるのであれば、裏側のごく一部を研ぎだして(削って)その後に修理を考えます。そして私の価値観ではこの駒は盛上げ駒より書き駒の方が高いです。  

天一作書き駒

 投稿者:キコリ  投稿日:2010年10月18日(月)21時54分9秒
  ん?それ、本当に書き駒でしょうか?

天一作静書盛り上げ駒に見えてしまいます。

実は、以前持ち込まれた書き駒と思っていた天一作はなんと盛り上げ駒でした。
静書は天童楷書をアレンジしたもので、初代天一師のオリジナルです。

なぜ、盛り上げ駒と解ったか?。。。。。実は持ち主の方が予備歩の漆を削って解りました。
 

私の好きな駒箱

 投稿者:梁山泊メール  投稿日:2010年10月18日(月)21時49分3秒
  豊島龍山の駒箱で稲田勇氏の作品と思います。その駒箱は数年前に修理されて、ウレタン仕上げが残念です。箱のサイズは縦110m横100mm高さ60mmで、同じ箱が6組ほどありますが、1組は小型で縦104m横92mm高さ57mmですが、他は同じサイズです。  

RE:年増好み

 投稿者:梁山泊メール  投稿日:2010年10月18日(月)21時14分14秒
  先日ですが、私も年増をGETしました。若いマグロより腰使いの上手い年増が私の好みですね。さてこの駒と全く同じ駒が、将棋駒の世界(P171の薩摩黄楊彫り駒)に掲載されています。片玉ですが、私の潜龍作の錦旗と同一書体の駒です。紫檀で駒型の箱に収まっていました。又、駒の面取りも奥野と酷似しています。2万円スタートで3万円で即落札の駒でした。勿論、3万円即終了しました。  

天一作書き駒

 投稿者:梅水  投稿日:2010年10月18日(月)20時39分42秒
  連投失礼します。これは↓過去オークションに出た駒だったと思います。わたしのメモには「書き駒 42,500円で落札」とあります。彫り駒ではありませんが天童楷書ですね。これいいですね。そう思いませんか? わたしは10万円でも安いと思います。なお作のほうは銘と作風から初代天一と分かります。

 

香月作

 投稿者:梅水  投稿日:2010年10月18日(月)20時03分59秒
  香月作の上彫りですね。なかなか雰囲気あるんじゃないでしょうか。個人的には仁寿作書駒には興味がないですが、bremenさん、いいところに目を付けましたね。でも3千円ではちょっと買えないでしょう。古い時代ものなんでしょうか、上彫りとしては魅力があるような感じに見えます。(が、写真が小さいです)オークションを見るときはわたしも上彫りなどもチェックしますが、なかなかよさそうなものはないですね。現代作家ものでよいものは見あたらないですから、初代天一作や武山作、桂山作などに期待するわけですがなかなか出てきませんね。

それでも現代作家もので上彫りのよいものはと調べますと以前もご紹介しましたが↓これなんです。

【一平作上彫り 薩摩黄楊】(青山碁盤店にて2万円で販売中)


2万円程度ではこれ以上のものはないと思います。また、皆さんへのアドバイスですが、特上彫りはやめた方がよいです。特上彫りというのは並彫り、中彫り、上彫り、特上彫りというラインで語られるもので、錦旗や菱湖などのよく知られた書体のことですが、まともなものを見た記憶がありません。
 

私も

 投稿者:bremen  投稿日:2010年10月18日(月)10時30分57秒
  bremenも中古駒のオークションに参加しています。最近は資金難ですが。
昨日終了のオークションで最終日まで入札されないまま、3000円で香月の彫駒と仁寿の書駒がセットで出ていました。しめしめと待ち構えていたら、終了間際に入札合戦がはじまり21501円。残念ながら手に入りませんでした。
 

年増好み

 投稿者:梅水  投稿日:2010年10月18日(月)08時00分57秒
  わたしは年増好みである。

それはそれは美しいお姉さん。この方が歳を取ったと想像してみてください。今は中年女。ひょっとしたらもうおばあちゃん。わたしはこれを好むのである。

一方、トーシロの皆さんといえば、一目不細工なんだけど、そりゃもう若い。番茶も出花。こちらを好む。えっ、何の話だって? 将棋の駒の話ですよ。

新品・未使用。それがいいんですかい? あたしゃ、出来のいい中古品がほしいねぇ。出来のよしあしはどこで見るんだって? そうかい、そりゃ悪かった。あんたは新品にしときなさいよ。
 

初代天一作草書彫り

 投稿者:梅水  投稿日:2010年10月18日(月)07時44分23秒
  こんな彫り駒はいかがですか?
初代天一(佐藤静)作草書の彫り駒です。

実戦で使う駒かといわれればちょっと違うような気がします。しかし、これ、いいでしょ。素晴らしい技ですね。実はこの駒、天童将棋駒祭りで購入しました。

デッドストックというのでしょうか。細かいホコリが積もり張り付いた見るからにさえない駒でしたが、得意の「泡磨き」(単に消しゴムとバカにされている磨き)で綺麗にしたあと、何度も何度も乾拭きを重ねました。

すると、見違えるような姿に。名品出現です。

来る11月には「第8回天童将棋駒祭り」が開催されます。皆さんも掘り出し物に出会えるかもしれませんよ。
 

Re雅峰作羽前 彫り駒

 投稿者:bremen  投稿日:2010年10月17日(日)20時59分18秒
  ぴいち様
 お写真拝見いたしました。ありがとうございます。お写真でみてもとてもいい彫り駒だと感じます。自分が見たかった駒に重なってきます。夢で見た天童楷書の駒の字母とイメージが重なります。機会あればこの駒のすべてを拝見したいと強く感じました。
 尊いお写真ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。
 

雅峰作羽前 彫り駒

 投稿者:ぴいち  投稿日:2010年10月17日(日)15時53分32秒
  オープン掲示板開設おめでとうございます。
覗いてみたら同じ価値観の方からの書き込みが多くうれしい限りです。
前沢碁盤店で当該の駒を購入しました。一番気に入っている彫り駒です。
写真をアップしてみます。
 
    (梅水) ぴいちさん、ご投稿ありがとうございます。よい駒ですね。木地の感じもいいです。こんな彫り駒を対局に使い磨き上げていく幸福感を駒好きのすべての方に知ってもらいたいですね。  

駒研「将棋駒展示会」のご案内

 投稿者:梅水  投稿日:2010年10月17日(日)13時20分14秒
  11月は駒研の「将棋駒展示会」と「第8回天童将棋駒祭り」がありイベント盛りだくさんですね。



詳しくはこちら → http://www.geocities.jp/komakennet/page002.html
 

「第8回天童将棋駒祭り」のちらし

 投稿者:梅水  投稿日:2010年10月17日(日)10時01分34秒
 
詳しくはこちら → http://www.tendocci.com/koma/news/maturi/komamaturi.htm
ちらし完全版   → http://www.tendocci.com/koma/news/No8tendoshogi.pdf
 

第8回天童将棋駒祭り

 投稿者:bremen  投稿日:2010年10月16日(土)18時47分53秒
  「第8回天童将棋駒祭り の告知がNHK将棋講座11月号に。
(記憶によれば1年おきの開催とか、事業仕分けで次回は危ういなど諸説ありましたが・・)入場は無料です!

 天童の書き駒や彫り駒の実演(見学は多分無料)があり、書き駒の体験(多分無料)ができ、プロ棋士の指導対局がありと前回初参加して感動しました。伝統的工芸士と出会えます。前回会場には銘駒図鑑の各掲示板で活躍?される方々が来場されておりました。
プロ棋士のTベさんもお越しになりご自身のブログに紹介されていました。

日時 平成22年11月19日(金)~21日(日)午前10時~午後6時 最終日は午後4時終了

場所 東京交通会館3Fグリーンルーム(東京都千代田区有楽町2-10-1)
   JR有楽町駅東口

問い合わせ先 山形県将棋駒共同組合 電話023-654-3511
来場者で簡単なアンケートに答えると駒の根付プレゼント有
 

RE:彫駒

 投稿者:キコリ  投稿日:2010年10月16日(土)16時04分28秒
  彫駒いいですよね~。現在闘病中の秀峰師はかつてこのように語っておりました。

「駒の中に字を刻む」

字母紙がある訳ですから輪郭線は熟練すればほぼ同じでしょう。しかし、その中に如何に「字」としての表現を施すか。中心線をどこへもってゆき、その中心からどのような角度で
輪郭線まで刀を走らせるかによって「字」の表現力は変わってゆくのですよ。

その角度が鋭角であったり、鈍角であったり、丸みを帯びていたり、刀をしならせてみたりすることにより、その刻んだ「字」を筆による「書」の表現を表すことが出来るのか。

そのような駒字を表現するための駒木地は目の詰まった硬い柾目に限りますね。ごてごてして駒字を邪魔する模様など必要ないと思っております。
 

RE: RE: 彫り駒

 投稿者:梅水  投稿日:2010年10月13日(水)12時09分19秒
  勲さん、その節はありがとうございました。彫り駒、いいですよね。特に勲さんの武山作は素晴らしいですね。まるで駒に内面がありそれが光っているようです。画像のURLをご紹介させていただきます。
http://meikoma.com/image/guest/kubota/buzan-1-640x480.jpg

bremenさんの玉山作中彫も素晴らしいですね。失礼かもしれませんが、もともとは安価な天童の普及品として作られたはずですが、愛情を込めて育て上げたbremenさん中彫りは美しさを感じます。こちらも画像のURLをご紹介させていただきます。
http://meikoma.com/image/guest/bremen/gyokuzan-1-640x480.jpg

なお、天童楷書の彫り駒は雅峰作が前沢碁盤店さんに出ていました。もう売れてしまったのだと思いますが、それが素晴らしかったと記憶しています。値段は10万円以上であったと思いますが値段以上の価値を感じました。

ご参考まで。
 

Re彫り駒

 投稿者:bremen  投稿日:2010年10月13日(水)10時19分26秒
   自分も天童の中彫り駒との出会いから駒に魅かれた彫り駒ファンです。(最近盛り上げにも手を出していますが・・・・)
 天童楷書の上彫駒でできれば「玉山作」、しかし「錦旗」等の書体名でないもので、ぞくぞくするような駒があれば欲しいです。自分のもっている「玉山作中彫」の彫りのような刻みを見せている上彫りの駒があればいいなーと思います。
 なかなかオークションンに出てきません。出たら教えてくださいませ。(ずうずうしいお願いですね)
 あるいは新作で天童上彫りのすごい駒を作る方がいたら紹介して欲しいです。
 鑑賞だけでもいいものです。
 

Re:彫り駒

 投稿者:  投稿日:2010年10月12日(火)22時15分43秒
  以前、自分の駒写真を掲載して頂いた際に表明しました通り、自分も数ある駒の種類の中でも彫り駒が一番好きなんですよねぇ。一応彫り埋駒と書き駒も所有しており、それぞれに良い点があるのですが使う事を前提としておりますので、やはり彫り駒なのかな・・・。  

彫り駒

 投稿者:梅水  投稿日:2010年10月11日(月)06時26分7秒
  わたしは彫り駒が好きです。しかしただ闇雲に数を集めたいというような思いはありません。本来は限られた駒(一組だけが理想かも)を使い磨き込んで慈しみ死ぬまで使い続ける。そんな理想がわたしの頭の中には基本としてあるのです。しかし、運悪く(笑)ある程度の数を所蔵してしまいました。これは、奥さんは本来愛する一人がいいけど実際は20人もらっちゃいました。っていうのと似ています(似てないかっ)。

そして、わたしは所蔵する彫り駒がオリジナルであることを望みます。これは出来ることなら影水の字母紙を貼り付けてハイ出来上がり、というものではないものを望むということです。しかし、写しであっても出来が素晴らしければその限りではありません。愛用駒の一つに静山作源兵衛清安の写しともいえる彫り駒がありますが、わたしはこれに文句を付けることは出来ません。その作は素晴らしい写しなのです。

更にどこにでもあるようなものではないこと。一つでもいいから光っている、尖っているものがあること。こんな厳しくも贅沢な条件を課してもいます。また、わたしは注文制作をしたことがありません。駒師を信用していないということなのでしょう(笑)。このような思いのわたしの元に集まった彫り駒たちはみな個性的で光るものを備えています。

今回はわたしのなかの一般論的自慢話?でしたが、皆さんの具体的な好きな彫り駒、愛する彫り駒をオープン掲示板で自慢してみませんか!?画像も貼り付けられますよ。
 

レンタル掲示板
/7