teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

スレッド一覧

  1. こんな歌が好きだ(18)
  2. IT寺子屋(14)
  3. デモ・集会情報など(28)
  4. 時事川柳(21)
  5. 笑い(4)
  6. 日本の独立(9)
  7. 動画紹介(7)
  8. 一郎ファンです。駄目ですか?(11)
スレッド一覧(全8)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:132/527 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

【必見動画】安倍晋三・原発村のウソ、「(ドイツ公共放送ZDF)フクシマの嘘 3」

 投稿者:SOBA  投稿日:2014年 3月22日(土)19時10分33秒
  通報 編集済
  【必見動画】安倍晋三・原発村のウソ、「(ドイツ公共放送ZDF)フクシマの嘘 3」Die Fukushima-Lüge 3
http://soba.txt-nifty.com/zatudan/2014/03/post-c139.html#top

焚書ならぬ焚動画、消しまくられている報道ステーション「わが子が甲状腺がんに…原発事故との関係は」をアップしました。
http://soba.txt-nifty.com/zatudan/2014/03/post-4bf2.html#top

↓↑雑談日記での元投稿:最初のエントリーでは海外の反響記事を採録してます


必見動画が2件です

↓他の削除されたのと違い、これが削除を免れたのは安倍のIOC演説部分の所をぼやかしたからと思います。さすがにANNも著作権なんたらで言えなかった。
【必見その1】(日本語字幕版)安倍晋三や原発村の「フクシマの嘘 参 Die Fukushima-Lüge 3」

hukusima no uso 3
m ryoichi
http://youtu.be/X84-ctHaAV0

公開日: 2014/03/17

ドイツのテレビ取材ドキュメント その参

↑↓念の為にストレージサーバーにもアップしておきました。
https://mfi.re/watch/4hqd8b8k449mi6s/hukusimanouso3.mp4


 2013年(平成25)9月7日IOC総会での総理大臣安倍晋三の大嘘プレゼン部分をコマ送り(Japan’s Prime Minister Shinzo Abe assured the IOC that the Fukushima situation was “under control”. But it's a foolish Lie. )ネットには面白いことに気がつく人がいて(笑)、このコマの安倍晋三の右手とこのコマの舌は爬虫類のだと(開いた画像でクリックすると更に拡大)
2013年9月7日IOC総会における安倍総理プレゼンテーション

IOC総会における安倍総理プレゼンテーション-平成25年9月7日
kanteijp
http://youtu.be/TW22EoQwwvk



2013年(平成25)9月8日IOC総会質疑応答での原発事故に関する安倍晋三の大嘘部分をコマ送り
2013年9月8日原発事故に関する安倍の答え IOC総会質疑応答

原発事故に関する安倍総理の答え IOC総会質疑応答(13/09/08)
ANNnewsCH
http://youtu.be/zJK-DZpGNOE



【必見その2】報道ステーション「わが子が甲状腺がんに…原発事故との関係は」
のYouTube(他のニュースやCM込みの無編集丸ごとで見辛いです。さらに「リクエストによる埋め込み無効」)

報道番組 甲状腺がん特集(福島) 1時間15分59秒版
Fumiko Ohno
http://youtu.be/gMiGh66G4_E

↑↓見辛いので、他のニュースやCM部分を削除編集したのをストレージサーバーにアップしておきました←削除

【画像鮮明版】2014年3月11日 (火)放送、わが子が甲状腺がんに…原発事故との関係は(45分49秒)←削除
https://mfi.re/watch/feow7wj8ts8u98k/20140311Housute_koujousengan_L.flv

音声だけ録音のpodcast⇒わが子が甲状腺がんに…原発事故との関係は
https://mfi.re/listen/0bqvhrqxyvcjpa8/20140311housute_wagakogakoujousengannni.MP3

↓こんな感じです。左は最初から10秒のところ、右は20分40秒のところ。
福島での子どもの甲状腺がんが27万人に33人と言うことは、100万人換算の一般的な割合(100万人で1から2人)の61倍から122倍と言うことです。
2014年3月11日 (火)放送、わが子が甲状腺がんに…原発事故との関係は


 以下動画は、2013年9月7日のIOC総会で安倍が大嘘をついた約3カ月半後、2013年12月26日 (木) 午前0時~放送の時事公論です。

時論公論「深刻さ続く 原発汚染水」 10分
oceanpeoples
http://youtu.be/Duv3hWL6XVQ

公開日: 2014/01/01

念の為
→mpg http://www.asyura.us/bigdata/bigup1/source/522.mpg
→mp4 https://mfi.re/watch/a7qfz0sbeqb3wbx/20131226jironkouron_shinkokusatsudukuosensui.mp4

7分25秒から、
「作業員の応募がないことについてこの会社(協力企業)では、福島第一での作業は被曝量も高く作業環境が劣悪な上に、東電のコスト削減で賃金も下がっているため、被曝も少なく国の直轄事業で一万円の別手当がつく除染作業に流れていると、見ています。」
と言っていますが、それに加え安倍の頓珍漢東京五輪誘致関連で作業員の取り合い状態になり、応募がこれから益々難しくなるのは明らかです。

概要:
13年12月25日放送。
漏れて当たり前の貯蔵タンクに高濃度の放射性物質を含んだ汚染水が現時点で30万トン以上ありますがどうするのでしょう。また原発作業員不足を東電はどう解消するのでしょうか?原発作業員に対する待遇悪化では人材は集まりませんね。
政府が全面に出て収束作業をすると言ったのはまったくのウソでした。


時論公論 「深刻さ続く 原発汚染水」 2013年12月26日 (木) 午前0時~
水野 倫之  解説委員
http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/100/180122.html
→魚拓http://megalodon.jp/2014-0408-1100-43/www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/100/180122.html

汚染水流出の問題が表面化して5か月、現場は今どういう状況か、今月、私は福島第一原発を取材。汚染水の流出は止まる気配がなく、深刻な事態は続いている。収束にはまだかなり時間がかかると感じた。
今夜の時論公論は汚染水問題の課題について水野倫之解説委員。

j131226_mado.jpg

汚染水の流出が問題になったタンクやタービン建屋海側はどうなっているのか。現場はまだ線量が高く、防護服に全面マスクで向かった。

まずは300tの汚染水が漏れたタンクの現場。
問題のタンクはすでに撤去。水圧などでパッキンがずれて漏れたことが分かっており、ボルトで締めるタンクはいつ漏れてもおかしくないわけで、東電は漏えいを検知する水位計の取り付けを決め、この日も作業が。
また漏れた汚染水や汚染された雨水が海へ流出しないよう、タンクを囲むコンクリート製の堰は鉄板で30センチ分かさ上げされていた。

さらに近くのエリアでは漏れにくいとされる溶接型のタンクの設置も。東電は2015年までにすべて溶接型に置き換える計画、しかし1基組み立てるのに側面だけで11mの板を16枚つなぎ合わせる必要があり溶接部分は170m以上に。この日も溶接行われてたが、2日に1基設置するのがやっとのこと、毎日400t増える汚染水に対応するにはギリギリ。

j131226_01_03.jpg

東電と政府は汚染水対策として、建屋周辺の土を凍らせて地下水の浸入を防ぐほか、雨水がしみ込んで地下水とならないよう敷地をアスファルトで舗装することを決定。
しかし1年以上かかるため、当面タンクの重要性は変わらない。様々な漏えい対策が進められてはいたが、これで万全とは言えない。
たとえば水位計、漏えい量が少ないと検知困難。
堰も、今週、たまっていた200t以上の汚染された雨水が土壌に漏れてしまうトラブルも発生。今後作業員による点検を、より徹底して行うことが重要。東電は1000基のタンクを作業員30人態勢で1日4回見回り、タンクは益々増える上に、今後ひび割れの有無など堰の状態も細かく見る必要があり、作業員をさらに増やして対応しなければ。

また溶接型のタンクの信頼性を確保するには、高度な溶接技術が必要。しかし高線量の現場が敬遠されて熟練の溶接作業員が思うように集まらない。東電は、今後溶接作業の一部を線量の低い原発の敷地外で行うことも検討して要員確保を急がなければ。

j131226_01_04.jpg

タンクの次に向かったのはタービン建屋海側。
地下のトンネルに、タービン建屋から流れ込んだ汚染水が溜まったままで、一部が海に流出している。
このエリアは車内でも1時間で400μSvでバスから降りることはできなかったが、たくさんの井戸が掘られ、汚染された地下水の汲み上げが。しかしその効果は薄く、港の海水からは国の排出基準を超えるセシウムが検出され続けており、大量の汚染水流出は収まる気配がない
そこで東電は建屋との接続部分を塞いだうえで来年中にトンネル内の汚染水を抜き取ることにしている。
しかし建屋の配管の貫通部分から汚染水が流れ込んできているとみられるため、ここを塞がなければならない。東電は氷の壁を作って塞ごうとしている。
地上から冷却液が通る管が入った袋を入れて汚染水ごと凍らせる計画で、東電が行った実験では氷の壁ができることを確認したということ。
しかしトンネルの中に作業員は入れないため、管は地上から打ち込む。作業員が設計図をしっかり読んで配管などをさけて凍結管を入れなければ。手間取れば被ばく量が増えるなど難しい作業となる。

このように、汚染水対策は最終的には作業員に負うところが大きい。
しかしその作業員、東電の廣瀬社長は「確保するのが非常に困難になっている」ことを最近認めた。現場で何が起きているのか。

福島第一原発で1日に働く3000人のうち2000人は協力企業の作業員。今回、福島県内の2次下請けの協力企業を取材したが、福島第一ほど作業環境の劣悪な現場はほかにはないという。
この協力企業では事故後、高線量の作業が避けられなかったため、結婚前の若い作業員を中心に退職者が相次ぎ、45人いた社員は3分の2に減った
このため求人を出したが、応募は1件もない。結局ベテランほど現場に出る時間が増え、法律で定める被ばく限度を超え、もう現場に出られなくなったベテラン作業員がいる。

j131226_02_02.jpg

作業員の応募がないのは除染作業に流れている可能性も。

線量が高いため、 福島第一原発構内ではきちんとすわって弁当を食べる場所もない

今後作業員を確実に確保していくために、東電は環境や待遇の改善に最優先で取り組まなければならない。
まずは敷地内の除染を急ぐ必要。
また東電は今月から作業員全員の日当を1万円増額すると発表した。しかしこの会社によるといまだに増額分は下請けまで回ってきていない。作業員の待遇を改善をしなければ、この先作業員は集まらない。

この汚染水問題、現在検討されている対策がすべてうまくいったとしても、収束までには数年以上はかかる。この間、作業員が不足して廃炉の計画に影響が出ることがないよう、東電は今から長期的な要員計画を固めていってほしい。

(水野倫之 解説委員)。

 
 
 
》記事一覧表示

新着順:132/527 《前のページ | 次のページ》
/527