teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


横から失礼致します

 投稿者:LONG  投稿日:2009年 5月28日(木)23時14分2秒
  AntiNoise 様

はじめまして。
忙しいので全文を読ませて戴いていないのですが、ライブを聴いているような音を出したい
と言うのであれば、マスタークロックの交換が圧倒的効果を得られる方法としてお勧めできます。
下記HPが参考になると思います。

http://www.soundden.com/
http://www.avvillage.com/digitalvillage/attention/061127soundden/dclock.html

ご質問の趣旨・当HPの趣旨とは異なりますが、マスタークロック交換は、CDやCD-Rがどうの、と言うレベルとは全く異なる次元の音質向上をもたらします。
iPodをクロック交換したWADIA 170 i Transportに接続して音楽を楽しんでいる方もおられます。

因みに、私はマランツの安価なCDレコーダーのマスタークロックを交換しましたが、
CD-R焼きの際の音質も大きく向上しました。

ご参考まで。(参考にならなかったかもしれません。)
 
 

ご意見いただきありがとうございます

 投稿者:AntiNoise  投稿日:2009年 5月27日(水)20時59分6秒
  ジャンクフードやファストフードなどインスタントな濃い味に慣れてしまった自分が
素材の味を活かしきった和食を求め始める・・・。
そんなイメージですね。
コンポや安物のイヤホンではフラットなのは間違いないですが、あくまで「平面」
本来は奥行き間というか空間を感じさせるものなのではないかと思います。

実際に行って生の音を楽しむのがいいのはわかっていますが、コンサートやライブがないときでもその臨場感や音を楽しみたい!!
・・・いや楽しめるはずだ!!と希望を抱いているところです。

定価1万円クラスのイヤホンを購入することが多いですが、音楽をしている先輩はA271Sを使用し、これらイヤホンを音が悪いと称しました。
当時聞いた271Sは味気ない、迫力のない音と感じていたように記憶していますが、
今は意味がわかります。
脚色のない本当のモニター用ヘッドホンだったということです。

自分自身が手にしていたのはAudio製品で先輩が手にしていたのは楽器製品でした。
そこでそれに気づいた自分は楽器という観点から考えてみようという思いになりました。

AKG K601を落札し、とりあえずアンプはサウンドハウスでとりあえず用にBEHRINGER ( ベリンガー ) / AMP800 MiniAMPを買いました。(K601返品可能期間が3日しかないので
脚色のない楽器を扱うメーカーのモニター系統の製品がよさそうな気がします。

ご紹介いただいたアンプはDR.DAC2のメーカーですね?
ありがとうございます。
しかし落札した金額が16300送料900円なので高価なものは望みません。
脚色は必要ないですからただ出力情報を増幅してくれればいいのです・・・。(徹底したフラットこそ難しいですが・・・。

自作ですが、好みのものに仕上げるのならいいですが、音が変わるのはおかしいというのを前提に考えていますので自作はしないと思います。
自作PCショップにいて自作のいやな面も見てきましたので。

ProCable
たしかに怪しい文面ですが(苦笑
Audioとは縁のない楽器系メーカーの製品をつかうのは確かにそうだなと思いました。
Audioは再生であり、楽器は録音である。
録音時にすでに音がゆがんでたらプロとしてはたまりませんもんね。
そういう人たちが使う機材は根底にあるものはフラット志向なものが中心であると仮定して考えています。
ヘッドフォンも楽器であると。
プロが録音時に使う環境と同じのを構築すれば録音時と同じように聞けるはずだと・・・。
自分自身の中では仮定に過ぎませんが、ProCableが提唱する部分で納得する部分です。
それ以上のIPOD>MAC>Air>MAC>音の焦点やケーブル長など、だんだんAudioじみてきてるのでどうかとは思いますが・・・。

レタッチのしてない写真を好みます、ありのままに。

なら最初からSONY MDR-CD900ST買えていう話になりそうですが・・・。(汗)
ヘッドホンにご興味あられる方はヘッドホンナビとサウンドハウスを見られることをお勧めします。

Audioではなく楽器の観点から見てみるのもいいかな??
音に悩むAudioはCDR時代で懲りました。
アナログの介在するデジタルというのはいわゆる音など最終アナログで出力する場合、
変化がつき物だということを念頭においておくべきです。

K601届いたら感想書かせていただきます。

失礼いたしました。
 

ヘッドホンアンプ

 投稿者:Quien  投稿日:2009年 5月27日(水)19時16分51秒
   初めまして。Quienと申します。
レスが遅くなってしまいました。見ていていただければよいのですが…。

 大方はjuubeeさんのお話でまとまったようなので。ヘッドホンアンプについて少しだけ...。
 私は現在、Auzen X-Meridian 7.1+初代DrHEAD+HD580で音楽を聴いています。初代DrHEADを使うまではサウンドカードに直挿しでしたが、初代DrHEADを使ってからはかなり環境が変わりました。ヘッドホンアンプってこんなに効果があるものだとは知りませんでした。AntiNoiseさんがおっしゃるとおりですが、特にハイインピーダンスのヘッドホンはプレーヤーからの直接出力だと十分に生かせないと思います。
 ヘッドホンアンプによってはAntiNoiseさんが好まないような結果になってしまうかもしれません。でもちゃんと調べればお望みに近い製品は見つかると思います。ヘッドホンアンプを自作する方がたくさんいらっしゃるのでその方のパーツ選びをご覧になると参考になるかもしれません。もし、可能であれば作例を元にご自分で選択したパーツを使って作っていただくのが一番の近道かもしれません。完成品でまともなものを買うのは結構な値段がしますしね。自作が難しいのであればimampなら簡単に手に入ります。お気に召すかどうかは分かりませんが、オペアンプが交換可能なのでオペアンプを交換すれば好みの結果を得られると思います。オペアンプのみのレビューをされているサイトも探せばたくさん見つかると思います。imampを元にしてコンデンサや、その他のパーツを交換して改造するのも悪くないと思います。一から自作するならCMoyやA47辺りの作例がよく出ています。半田ごてが使えれば作れると思うし、何より完成品を買うよりも断然安く済みます。私も今度、A47を作ってみようと考えていました。

 ipod自体の改造も面白いと思っています。手始めにDockケーブルを使って出力させるのが良いと思います。私の次のステップはipodのDockケーブル出力+Dr.DAC+HD580になると思います。Dr.DACは先日中古を発見しました。現在は初代DrHEADからDr.DACに環境移行しているところです。2台目のヘッドホンアンプであまり使い込んではいませんが、結構違うものだなと驚いています。
 せっかく良いヘッドホンをお持ちなのでそれを生かしてなお自分の望む音楽にすべくヘッドホンアンプにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
 徒然なるままに書いてみましたが何かのお役に立てば幸いです。
 

いやいや・・

 投稿者:juubee  投稿日:2009年 5月27日(水)00時50分40秒
  オーディオは学生時代からかじっていましたが、レコードからCDになって、
CDでは到底オーディオと呼べる音にはならない、と見切ってしまったのが私です。
たいしたこともしてきませんでしたので、参考になるような話ができません(笑)。
多くは望まないので、いちおう今はフルレンジ一発のシンプルな構成です。

オーディオは、どちらかといえば、消極的な趣味だと思います。
自ら作り出すものがほとんどありません。

同じ音楽なら、何か演奏するとか、せめてコンサートにつぎ込むほうが、はるかに健全
だと思います。いながらにして世界中の音楽や過去の音楽が聴けて便利ですし、その恩恵
も受けてきましたが、あまり一生懸命になっても得るものは少ないと思います。

(上記とは矛盾するような書き方になるかもしれませんが・・)
けっこう困難な方向に向かって歩いているのかもしれませんね。ナチュラルな志向は大事だと
思いますが、機器の癖はあるのが当たり前なので、紆余曲折がたくさん予想されますね。

・プロケ
文章が支離滅裂なので、あまり近づきたくない人種です。新興宗教と同じで、何かに頼りたい
まじめな?人達は強烈な文章にコロッといくんだと思います。ま、なんでも試してみるのは
いいことだと思います(食わずぎらいよりは・・^^;;)。

・CD-Rによる音の変化
変化自体は致し方ないと思っていますが、CDと比べるとだいぶ変わりますよね。この点、
HDDやメモリーのほうがまともでしょう。

>古いWAVEと新しく吸い出したWAVEでは音の新鮮さが違うのも聞いて実感しています。
この話題は私がここwebcomsに登場した時に話題にした話で、最近はつと避けています(^^;;
以前の検証方法の欠陥も見つけたので、近頃は本当なのかどうかしっかり検証したいと思い
つつ、なんだか恐いような、よほどしっかりした方法でないと難しいとか、説得力を持たせ
る方法は何かないか、とかいろいろ考えて、結局何もしないような気がします(笑)。
でも、レコーディングにパソコンが多用される昨今では、結構重要な問題になるかも知れない
とも思っています。

まとまらなくなってきたのでこのへんで・・(笑)。
 

お礼を言われるほどのものでも・・・。^^;

 投稿者:AntiNoise  投稿日:2009年 5月26日(火)21時39分28秒
  お早い返信ありがとうございます。

音楽とは料理であり、レコーディングスタジオという名の畑で取れた「素材」を、オーディオシステムという名のレストランがいかにおいしい味付けをして出してくるか・・・。

昔はぼんやりとしかビジョンがない中「いい音」を求めていましたが、
せっかく出された料理にマヨネーズをかけたり、ケチャップをかけたりして「味付け」しながら聞いていたように思います。
しかし、食していたのは料理の味ではなく「調味料の味」でした。
今は素材を活かした味付けのない料理を食べたいと求めています。
そうなるとAudioではなく楽器の分野のほうに流れてしまうのかもしれませんが、
どれもこれも自分勝手な味付けによって生み出された音に悩みたくないからです。
脚色ではなく録音された真実を再生できる機材、絵画ではなく写真を観賞したい。
ProCableに興味を持ったのはそのためでもあります。

コンサート、そうですね、行きたいですね。
ライブなどはありますが、やはりライブハウスの臨場感はすごいです。
あの臨場感や空間の奥行き間など表現できないものかと思います。
コンサートなどで使われるあの無骨なスピーカー、あれもよさそうですね。

お気に触る言い方かもしれませんが、CD-R AUDIO時代に音が変わるのはばかげたことだと感じたのでやめました。
もっと手軽なものであるはずだと。
金をかけるつもりはありません。
低音高音などこだわるつもりもなくどんなジャンルでもフラットにそして解像感奥行き感を感じてみたいと思います。
家を即席ライブハウスにするかのようなシステム
あといえばあとならす、サックスが吹けばそのままサックスの音を鳴らす
ありのままにならすシステム
ProCableに毒されるつもりはありませんしShima2372.comさんもあの商売方法はどうか・・・、という感じでおっしゃられてたので傾倒したくはないです。
価格.comでプレク大好きさんもあんまし反応よくなかったですしね・・・。

が知識面や言い方やけなすような感じはともかく、事実を述べてらっしゃると思いますし、
価格的にも10万のスピーカーとか買う前にヤフオクとかサウンドハウスとかであのシステム
を再現してみるのもありかと思います。
確かに現状超高価格帯Audioの異常さは確かだと思いますし、楽器として扱われているプロ用品を使う、レコーディング現場を再現することでレコーディング時と同じ音が出るはずだというのは確かにと納得させられました。
日本橋でシステム聞いてきてたしかに味気ない音だと感じましたが、あのままもっと煮詰めればまるで目の前で歌っているかのような立体感が出てきそうなシステムでしたね。

軽視されているというのは一般の人々の話でケータイやDAPで圧縮音源を聞いたりネットでダウンロードしたりしているという話です。
本当はCDに入っているデータはすごいはずだ
しかしCDの規格の不完全さ(アナログ面での)によって活かしきれていないのではないか??
CDR、HDD、メモリーの型番の違いでの音の差については存じ上げています。
さらに、古いWAVEと新しく吸い出したWAVEでは音の新鮮さが違うのも聞いて実感しています。
音というアナログを扱う以上アナログ要素が介在するのは防げないのはわかりますが、徹底的に脚色要素を廃しフラットに徹した音作りの機材があるはずだと思います。

それを構築すれば音に悩まされるという次元のものはなくなり
音は音であり、写真は写真であり・・・。

すみません、たわごとにお付き合いいただいてありがとうございます。
いただいたお返事に返信というより
終始自分の意見を述べていただけかとは思いますが・・・。

うーん、CD本来の性能も活かしきれていないとは・・・。

AKG K601をヤフオクで落札してみました。
1.6万少し、楽器や音楽が好きな先輩がフラットな音質だということでK271をつかってるので買ってみましたが、いかに・・・。
インピーダンスが高いので低出力ではならせないのはどうかと思いますが・・・。

話が止まらなくなると思いますので今回はこの辺で失礼します(汗)
 

詳しいとは言えませんが

 投稿者:juubee  投稿日:2009年 5月26日(火)01時28分33秒
編集済
  AntiNoise さん
まず、お礼を言わないといけないかも知れません。
昨年末のAntiNoiseさんの書き込みがきっかけになってPC-audioにようやく取り組んでみたら、面白かったです。
(詳しくはHPへ)

定価で計30万円也(枝葉は別)の古いオーディオしか持っていないので、あまりたいそうなことは言えないですが

まず、
コンサートに沢山いったほうがいいと思います。
いまさら言うまでもないですが、たった一回きりでも良いコンサートは一生忘れません。実際の体験として残ります。
オーディオでは所詮録画しておいたリプレイを見るようなものです。

しかしながら、私にも多大な影響を与えたレコードというのは存在しており、そういったものも一生の宝です。
丁度良い時期にめぐりあう音楽は缶詰音楽といえど良いものです。
オーディオに拘るより、コンサートやソフトにお金を注ぐほうがずっといいと思います。オーディオは、遊び感覚で
気楽に好きなように、余裕資金でやるのが良く、血眼になってオーディオ道だなんて思いつめてやるものではないと
思います。

>あるべきものを再生し、どんなジャンルのものでも同じように聞かせてくれるシステムがあっていいはずだと思っています。
こう考えるのはすごく自然なことで、とても大事なことだと思います。実際には、機器にはジャンルなどによる向き
不向きなどということがあり難しいですが、常にこういう視点で音を聴くことで、おかしな方向へ傾くのを防ぐこと
ができるでしょう。

>音源媒体としてCDが20年以上一般的なものですが、もはや完全に軽視されつつあると思います。
私はそう思いません。HDDやメモリーなどからの再生の方が優れている、と仰りたいと思いますが、本当にそうでしょ
うか? 最近はそう言われる方が多いのですが、私はひどく疑問を持っています。確かに、HDDやメモリーから再生し
たほうが周波数バランスも良い安定した見渡しの良い音が得られると思いますが、これは音の外観ともいうべきもので、
音質の一部ではあるけれど本質的な部分ではないと考えています。いわば癖ですね。

プロケは読んでいると腹立たしくなるサイトです(笑)。試したことがないものが多いのでわからないところも多い
ですが、たぶんそれなりのものを扱っているのでしょう。ただし、あのでたらめな理論と他をバカにした口調はいた
だけません。ほとんど新興宗教です。

>3.同じデータから作り出したCD-Rの音が明らかに変化したといえのはCDという規格が音に対しては不確定要素があるためである。
バイナリが一致するのですから、そんな問題じゃないと思いますよ。きれいなピットが刻めない等のアナログ的な問題
でしょう。HDDやメモリーでも型番が違えば音も違いますよ。

以上、なにやら申し上げましたが、まったく個人的意見ですので、AntiNoizeさんとは異なるところもありますが
どうぞご容赦下さい。もっと沢山の方のお話が聞けると良いのですが・・。
 

CD-Rの話題ではないですが

 投稿者:AntiNoise  投稿日:2009年 5月24日(日)23時27分27秒
  いつも参考にさせていただいています。
ここでお伺いしていい話題なのかはわかりませんが、過去CD-RからAudioという道に入ったのでお詳しい方々にお伺いいたします。

いきなり長文失礼します。

現状手軽に扱える音源媒体としてCDが20年以上一般的なものですが、もはや完全に軽視されつつあると思います。
CDに本来いれられているデジタルデータは結構なもののはずなのですが、いまいちそのデータが生かされていないと思います。
そこで現状考えているのが
1.吸出しを徹底する
2.同じデータである以上音質の変化や脚色を避ける
3.フラットな特性の機材をさがす。

ProCable思想ですが、
1.プロが録音時に使うのと同じ機材にすれば同じ音が出るはず
2.CDは不完全なものであるが故、音が変化しやすいほどデリケートである。
3.同じデータから作り出したCD-Rの音が明らかに変化したといえのはCDという規格が音に対しては不確定要素があるためである。

ただの素人で趣味の範疇ですので突っ込みどころもあるかと思います。
CDやCD-R Audioを否定するつもりは一切ありません。
自分自身の入り口がCD-Rでしたから。
当時は「よい音」さがしで音を楽しむという本質を忘れてました。
よい音=当人にとって心地よい音で、再生データの忠実性などとは違うものだと思っています。
今回は忠実性、立体感、フラット特性などを求めて生きたいと思っています。

プレクドライブで読込>IPODに無圧縮保存>エレクトロヴォイスのプロ用スピーカーやAKG K601/702ヘッドフォンで再生

必要に応じて極力脚色のないアンプを用意することになるでしょうか??

ここでCD-R以外のAudioにもお詳しいと思われる常連さんにお伺いしたいのですが、
アンプはいかがなされてますか??(特にヘッドフォンアンプ
あと、この志向についてご意見お聞かせください。

「音」というものに対して真剣に考えていきたいと思います。
多少の変化はあって当たり前だとは思いますが低音がどうのこうのではなく
あるべきものを再生し、どんなジャンルのものでも同じように聞かせてくれるシステムが
あっていいはずだと思っています。
金をつぎ込めばいいのではなく、CDに封じ込められた本来の音をよみがえらせてくれるシステムが・・・。
原音に忠実といっても原音を知らないのは確かですが本来の音がよみがえれば「音」に悩まされる必要がなくなるのでは?と思います。
本来の音は「ひとつ」しかないはずなのですから。

いきなりの長文失礼いたしました。
この掲示板にそぐわない内容のようでしたら流していただいて結構です。
 

確かにまともな外付けケースもないですねぇ

 投稿者:juubee  投稿日:2009年 5月22日(金)12時52分34秒
  >CD-Rの一般的な役目は終わる方向に動いているのかもしれませんね
CD-Rに焼くのは面倒ですが、ひょいとコピーすればお終いですからね。
私も、カーステ再生でCD-Rに替わるものを探してみたんですが、まだ気に入るものがないんですよね。

貧乏人に買えるかどうかは別として、ホームオーディオでは、LINNのDSシリーズ、Wadiaの 170i、
Marantzの SA8003、Pioneerの PDX-Z10 など、ボツボツとそれなりのものが出てきていますが、
カーステではいつになるのかなぁ、なんて思ってます。
 

軟派ですね(笑)

 投稿者:Quien  投稿日:2009年 5月20日(水)18時14分38秒
  juubeeさん

確かにPremiumの時もいきなり在庫処分になりましたからねぇ。ケースに関しては810Fのケースじゃないかと2chあたりで言っていますね。私の推測ですが、基本的な構造はPremium Uあたりからあまり変わっていないような気がします。果たしてケースの在庫を持っていたかどうかは謎ですが…。

軟派になってしまったとも考えられますが、まともな外付けケースがなくなってしまったからとも考えられるような気もします。USBですが入門としては最適かなとも思います。IEEE1394へのステップアップのひとつとするのもありかなと思います。1394bなら何とか新品でも手に入りそうですし…。もちろん問題はケースになりますけど。

また未確認の情報なのですが、誘電さんはこれから大きな動きがあるかもしれません。業務用のメディアは良い方向に動いてくれるのかもしれませんが、民生用は…かもしれません。
デジタルオーディオプレーヤーやUSBメモリが一般にもかなり普及、浸透しているのでCD-Rの一般的な役目は終わる方向に動いているのかもしれませんね。
 

もうないかな?という頃に

 投稿者:juubee  投稿日:2009年 5月13日(水)21時58分17秒
  突如在庫処分が行われるのがPlextorでしたから、そういう線も考えられますが、外付けケースも余っているんでしょうか(笑)。
以前から、2CHなどでPremium2に外付けタイプがないことを嘆く声も聞かれましたが、元々のコンセプトがコンセプトですから、きつい言い方をするとそういう人達は対象外だと思っていましたが、だいぶ軟化しちゃいましたね(笑)。ま、個人的には、PX-W1610TAやPX-W8432Tなどのほうがよっぽどいいと思っていますが・・。

☆誘電のPACKAGED IN CHINA
あ、そういうオチでしたか。困ったな(^^ヾ
 

レンタル掲示板
/15