teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


(無題)

 投稿者:すず  投稿日:2006年 7月20日(木)02時02分21秒
  清水妙正医師のオフィシャルサイトを見つけました。
http://www.shimizumyousei.jp/

この方以前TVに出てましたよね?
残念ながら心不全で亡くなってしまったらしいですね。
癌に勝てた体も疲労には勝てず…といったところでしょうか。
 
 

(無題)

 投稿者:nao  投稿日:2006年 7月20日(木)02時01分15秒
  抗癌剤や放射線などの化学療法を行うと自身の治癒力を著しく低下させてしまうため、再発や転移の危険性が高まる様です。
また、治ったとしても抗癌剤の副作用で後遺症などにより体の不自由は間逃れない…だから清水医師は化学療法をその場しのぎの付け焼刃程度のものと考え、自分で癌を治せる体を作る事をテーマに奮闘し、その結果みごと癌を克服したとの事。
その健康食品がAHCCとMD-フラクションだそうです。
実際には癌細胞その物は体内にまだあったらしいのですが、免疫力が上がれば癌細胞も悪さが出来なくなるため、普通の体に戻る事が出来たそうです。
清水先生の書籍も多数出版されていますので、読んでみてはいかがでしょうか。
何を隠そう私の父も清水先生に癌を治してもらった一人です。
 

(無題)

 投稿者:  投稿日:2006年 7月19日(水)14時41分24秒
  AHCCというのをご存知ですか?
健康食品で癌を克服した清水妙正医師が使用していた健康食品らしいのですが、ご存知の方いらっしゃいませんか?
 

癌にも役立つサイト

 投稿者:癌が治る  投稿日:2006年 7月17日(月)17時38分10秒
  AWG治療ってご存知ですか
AWG治療だと特殊な機械の電子を、体に当てたパッドから体に向かって照射するのですが、そうするとその機械の電子が体に作用して癌細胞とかのウイルス・バクテリアを消滅してくれます。抗がん剤とかを使用せずに癌細胞を退治してくれるのでけっこう評判になっています。
AWG治療を始めるならガン呪縛を説くという本をお読みになるとよくわかります

http://www.nihonelec.com

 

免疫療法

 投稿者:raihu  投稿日:2006年 7月 5日(水)16時41分49秒
  癌と共存するには免疫力が重要です。
通常の人間でも毎日数千の癌細胞ができていますが、自分の免疫力で退治してくれます。

癌になる人はストレスや、食生活の乱れなどにより
免疫力が低下していることがほとんどです。

http://meneki-life.com/
 

アセチルフコイダン

 投稿者:NK  投稿日:2006年 7月 4日(火)01時40分34秒
  ガン抑制成分としてフコイダンが注目されていますが、ガン細胞を自殺に追い込む「アポトーシス効果」が最も期待できるフコイダンは「アセチルフコイダン」です。

このアセチルフコイダンはモズクから抽出されます。

しかしモズクから抽出するには特許が必要なため、アセチルフコイダンを使用しているサプリメントは現在のところ、唯一、●●●●だけです。

http://www.heal-be.com/nagaiki.htm

 

代替がん治療

 投稿者:先端医療  投稿日:2006年 6月12日(月)17時30分46秒
  どれも現段階では有力なものはないですね。まあまあな免疫療法はお金がかかりすぎで、これを本格的に導入すればがん患者一人のために10人が飢えることになります。

最近では自家ワクチンによる免疫療法が100万程度で受けれるそうですね。やはりこの程度の予算でないとやっていけないとするのが医療経済問題です。

さて、5年生存率の話が出ましたが、現在行われている大きな治験の結果は参加人数が多いのでいい意味では非常に参考になります。悪い意味ではその結果が出るたびに落胆する程の結果でしかないということです。

こういった抗がん剤を使った近代的な医療を選ぶことと、代替医療を選択することは連続的に行われるケースが多いのでしょう、多分。

でも本来の栄養療法、代替療法の考え方からすると前治療によるダメージがないほうが有利なはずです。これを勇気を持って選べる周辺環境の整備がまずは必要だと感じます。

かなり勇気がいるでしょう。なぜなら通常治療で振るい落とされ、絶望なかから立ち直った人が代替療法を受けて、そのような人々が集まり、ほんの一部の医療機関から報告される平均奏効率10-15%になるわけですから。実質的な効果はもっと低いはずです。医療機関でこんな話をされることが多いでしょう。

通常の治療でダメだったなら、医者の話に落胆しながらでも即行動すべきですね。

今食品でいいと思われるのはメシマコブ、アガリスクですが、これは例の不正輸出事件ででてきたジェットミルで超微細粉末にしないと大部分が腸を素通りです。粉末を服用のかたは吸収率を上げる方法を考えてください。
 

栄養療法とは?

 投稿者:先端医療  投稿日:2006年 6月12日(月)17時02分33秒
  どのようにすれば癌特有の栄養失調を改善できるのか?、それは患者さんの肉体と癌の個性ではないでしょうか。
個性のあるものに画一的な治療は意味がないのか?、現時点でも不明としか言いようがないでしょうね。癌自体の個性に配慮した治療は始まっています。

管理人さんのスタンスがわかりません。近代医療を否定したいのでしょうか?。
 

ガンについての私見です。

 投稿者:活き活きライフ管理者  投稿日:2006年 5月29日(月)23時58分19秒
  ガンは、明日はわが身と思っていなくてはいけません。現在ガンで治療、療養されておられる方々必ず勝てみせるという強い信念を持ち明るく前向きに希望を持って戦ってください。陰ながら応援いたします。これからは、私見です。いつだったか、何で読んだのか忘れましたが、人間の体は、体毒を一箇所に集め、体外に排出しようとする防衛システムがあるようです。それが良性腫瘍から悪性腫瘍へと変化していくようなことがかかれていたような記憶があります。そうであれば、体のリンパおよび体液、血液の流れをスムーズに循環、対流させれれば、体毒も体外へ排出されてガンの予防につながるのではないでしょうか。そのためには、野菜、果物、繊維素を多く含む芋・こんにゃく、それとと1日3L程度の水(回数を多くすれば飲めます)を飲まれたらいいのではないかと思います。腸を清潔に保つこと、これが重要だと私は考えます。参考になるのかならないかは、読者のご判断にゆだねます。

http://www15.plala.or.jp/sonnani49871/

 

チャーガ

 投稿者:チャガメール  投稿日:2006年 5月28日(日)01時43分51秒
  チャーガという茸をご存知ですか?
白樺の木という寒い地域に生える木に出来る茸なのですが、
抗酸化成分が青汁の60倍、アガリクスの23倍とも言われています。
原産地等の違いにより効果にも違いがあるのですが、
ロシア産の物が一番良いと言われています。
摂取方法としてはお茶として飲むのが一般的のようです。

癌の抑制や免疫力の向上等に効果があると言われている物なので、
癌に苦しんでいる方々に、役立つ情報として知っておいて頂けたら幸いです。

一応、私の方でも製品を資料配布としてご紹介出来ますので、
興味のある方はメールアドレスにご連絡ください。
失礼いたしました。
 

レンタル掲示板
/9