teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: DVD

 投稿者:ベベーロ  投稿日:2018年 5月29日(火)21時54分20秒
返信・引用
  > No.8521[元記事へ]

よしこさん

私も、これが父さんの本棚なのかどうか気になりました。
結局、私は高い値段でボックスを揃えてしまいました。とんでもない商法でしたよ。大草原自体に悪いイメージがつきます。

先日、母が大草原の父さん、母さんが懐かしいね~と言っていたので、DVDを2話(すばらしい収穫とわたしの母さん)をふたりで見たんですよ。そうしたら、もう懐かしさマックスになっていたみたいで、オルソンさん、オルソン夫人、とか、色々一人でつぶやいて懐かしいわ~と喜んでいました。なかなか時間がとれないのですが、続きを一緒に見ていきたいと思います。

それから、ジェームズ君役のジェイソン・ベイトマン君、もうすっかり(格好良い)おじさんですが、ハリウッドで超売れっ子ですね。いつの間にか、コメディが多くなって。あのジェームズ君が、といつも映画見るたびに思います。


今年は、先日4回目の救急車に同乗しました。今度は父です。ひとりが入院すると、本当に大変です。年を取ってから、両親と同居することの大変さを痛感しています。
 
 

Re: DVD

 投稿者:りょうべ  投稿日:2018年 5月29日(火)14時33分21秒
返信・引用
  > No.8521[元記事へ]

よしこさん

これって、デアゴスティーニですか?そしてその棚は全巻買うとついてくる「お父さんの本棚」ですか?
昔、「たのつく」に要望を出したのをおもいだしました。
今はFOXクラシックで流れているみたいですね!
 

悲しいときは泣きましょう!

 投稿者:りょうべ  投稿日:2018年 5月29日(火)14時26分20秒
返信・引用
  > No.8519[元記事へ]

よしこさん

> 実は最近まで、ほぼ毎年のように秀樹のコンサートに行っていました。
> もちろん、還レキコンサートにも、あと70年代のアイドル達でやっている同窓会コンサートにも(たまたま地元のホールに来たので)行きました。

還暦コンサートとは例の五郎がサプライズでケーキもって出てきたコンサートですか?同窓会コンサートは小川知子や今陽子、あべ静江らが出ていたとワイドショーで流れていましたね。
秀樹は良き友、よき仲間に恵まれて幸せな人生でしたね。


> 昨年は、NHKレッツゴーヤングや紅白歌合戦の映像を特集した3枚組のDVD(17000円)
これイイですね!会場を縦横無尽に走り回る若い秀樹の映像は今回の訃報で何回か見ましたがものすごく胸を締め付けられるくらいの輝きを放っていましたね。長髪時代の秀樹はホントにかっこよかった。ギャランドゥからかな、髪を切って驚きましたが、大人の魅力になりましたね。

> 「二人のビッグショー」見ましたよ。
やっぱり釈迦に説法でした(笑)トークの息がぴったり合って日頃の仲の良さが垣間見られましたし。五郎の音域の高さが危うい所もライブならではのスリリングな感じで、よく挑戦したなと上から目線で聞いていました(笑)あれは良い番組でしたね。新御三家は初期のひろみはともかくも(笑)他の2人は歌唱力は抜群でしたね。ひろみもうまくなりました、、、とどこまでも上から(笑)


> それも秀樹がいたからだなーと。
秀樹は良いとも、良き仲間に恵まれたと思っていましたがそれは秀樹がコツコツと積み上げてきた結果なんだとよしこさんのカキコを見て痛感しました。鵜の目鷹の目をぬく芸能界みたいな場所で友情をはぐくむのがどれだけ大変な事か、、、秀樹は知ってたんだと思います。


> 実は一昨日の土曜日、地元の友人たちと追悼カラオケやってしまいました。
> で、不覚にも号泣してしまいました。
> 「永遠のお別れじゃないんだ」と、冷静なつもりでいたけど、やっぱりこみ上げるものがおさえられなかった。
それでいいと思います。感情を押し隠しても自分は騙せませんもん。健康にも良いと思いますよ。


左とん平さん(ドラマで共演して仲良くなったのかな、秀樹の武道館リサイタルに必ずゲストで来てくれてたんですよ!)
そうか!左さんも最近お亡くなりになりましたよね。あの方は本当に良い人みたいで大好きでした。


> いつの時も私の思いを受け止めてくださる、この掲示板のみなさんが大好きです。
> 本当にありがとうございます!

いつだったか五郎のゴロンボは刑事コロンボ。ひろみのMrグーはMr.ブー。秀樹はなんだったっけ?の問いをよしこさんに伺ったことが忘れられません。秀樹が刑事サイ。だったことも忘れていましたが、それは一番秀樹が売れっ子でカックラキンに出る暇がなかったからなんですけど、、、懐かしいなぁこの話。
>
 

DVD

 投稿者:よしこ  投稿日:2018年 5月28日(月)23時37分6秒
返信・引用
  最近また見ているとこなろでした。
 

それと、

 投稿者:よしこ  投稿日:2018年 5月28日(月)22時56分7秒
返信・引用
  いつかお話しした大草原の小さな家のDVDですが、全巻揃いました!(何年も前ですけど)  

ありがとうございます!

 投稿者:よしこ  投稿日:2018年 5月28日(月)20時35分55秒
返信・引用
  りょうべさん、べべちゃん、ありがとうございます!
変わらずみなさん優しくて嬉しい。

実は最近まで、ほぼ毎年のように秀樹のコンサートに行っていました。
もちろん、還レキコンサートにも、あと70年代のアイドル達でやっている同窓会コンサートにも(たまたま地元のホールに来たので)行きました。
昨年は、NHKレッツゴーヤングや紅白歌合戦の映像を特集した3枚組のDVD(17000円)を買ったので、コンサートはがまんし、今年は行こうと思っていました。

2回目に脳梗塞で倒れた後は、ステージでは椅子に座り、その両サイドにバーを設置し、それにつかまって立つという形でした。
以前のようなアクションは難しく(YMCAは大丈夫!)球場じゅうをあれだけ走り回っていたのに無念だろうと思いましたが、それでも私たちファンのためにステージに立とうとしてくれました。
今の現状でベストを尽くす、頑張って障害を乗り越えるところをちゃんと見せてくた!
私たちファンの誇りです。

「二人のビッグショー」見ましたよ。
二人とも抜群の歌唱力ですね!
秀樹は当初から、五郎、ひろみと仲が良いアピールしていて、二人とちゃんと友だちになろうとしていた。
ひろみはまあ、マイペースな感じで、五郎は秀樹の気持ちに一生懸命応えようとしていた、という印象でした。(あくまでも私個人の見解ですが)
でも、お二人の弔辞を聞いて、本当に仲がよかったんだなと思いました。
(二人の弔辞、youtubeで見ました!)
それも秀樹がいたからだなーと。
新御三家といわれてライバルのように扱われていたけど、争いがきらいで、いっそのことみんな仲間になって、お互いのいいところを吸収しあって切磋琢磨し成長しようよって思ったのではと‥‥
そんな秀樹を心から尊敬しています。

実は一昨日の土曜日、地元の友人たちと追悼カラオケやってしまいました。
で、不覚にも号泣してしまいました。
「永遠のお別れじゃないんだ」と、冷静なつもりでいたけど、やっぱりこみ上げるものがおさえられなかった。

しばらくは秀樹ロスから抜けられないかもしれないけれど、ずっと秀樹のファンであったことを誇りに思って生きていきたいと思います。

秀樹の旅立った先には、ランドン父さんやエドワーズおじさんもいるし(秀樹、英語話せるのかな~広東語とかは勉強していたみたいだけど)、左とん平さん(ドラマで共演して仲良くなったのかな、秀樹の武道館リサイタルに必ずゲストで来てくれてたんですよ!)、秀樹のたくさんの曲に作詞してくれた阿久悠さんや、仲のよかった人たちがたくさんいますものね、淋しくないですよね^ ^

いつの時も私の思いを受け止めてくださる、この掲示板のみなさんが大好きです。
本当にありがとうございます!
 

五郎の弔辞

 投稿者:ベベーロ  投稿日:2018年 5月26日(土)23時32分30秒
返信・引用
  よしこさん
入場できなかったのは残念でしたが、その場に行けて良かったですね。今日の葬儀も、沢山のファンが泣いていましたね。もっと葬儀の様子を映してくれるかと思ったのに、あまり映してくれなくて、大スターなのに、不満です。

63歳は、あまりに早かったですね。

さっき、五郎の弔辞全文を見つけました。貼っておきますね。聞いていて、泣けて仕方ありませんでした。毎日泣いてくれる友達なんて、私にはいないな。友達に恵まれた秀樹は幸せものです。


 16日に急性心不全のため亡くなった歌手の西城秀樹(さいじょう・ひでき、本名・木本龍雄=きもと・たつお、享年63)さんの葬儀・告別式が26日、東京・青山葬儀所で営まれ、1万人が参列した。

 西城さんとともに「新御三家」と呼ばれ、親しまれた歌手の野口五郎(62)、郷ひろみ(62)らが参列。野口と郷が弔辞を読み、最後の別れを告げた。

 野口五郎の弔辞全文

 秀樹、君が突然去ってしまったことを知ってから、何日が経(た)ったのだろうか。皆さんに、気持ちの整理が付くまで少し時間をください。そうお願いしたのだろうけど、どうやってこの現実を受け止めていいのか、いまだに君の言葉、いろいろなことを思い出して泣いてばかりいる。

 秀樹との46年間は、簡単に語りきれるものではありません。本当に、君への弔辞を読むなんて考えてもみなかった。ある時は兄のようでもあり、ある時は弟のようでもあり、親友でもあり、ライバルでもあり、いつも怒るのは僕で、君は怒ることもなく、全部受け止めてくれて。今思うと、僕と君の違いは、心の大きさが違うよね。つくづくそう思うよ。

 いつも僕が言うことを、大事に大事に聞いてくれて、何でそんなに信用してくれていたの?

 訃報を聞いて、君の家に向かう途中で、僕は突然思い出して妻に言った。

 秀樹の歌で「ブーメランストリート」(1977年)って曲があって、ブーメランだから、きっとあなたは戻ってくるだろうって歌詞だけど、でも戻ってこなかった人をアンサーソングとして「ブーメランストレート」ってどうって(僕が)言った。「それいいね」って秀樹、大笑いして。そうしたら彼、本当に「ブーメランストレート」(1992年)っていう曲を出してしまったんだよ。

 君の家に着き、君に手を合わせ、奥さんの美紀さんと話し始めたら、秀樹の曲をかけ続けていたディスプレーから突然、「ブーメランストレート」が流れてきました。数百曲もある君の曲の中で、「五郎、来てくれたね」。君は、僕だけに分かる合図を送ってくれたのだから。そう思ったよ。

 30年ほど前に、君は「チャリティーコンサートをするんだけど、その時の曲を作ってほしい」と、突然言い出した。僕は、人の曲を作らないって知っているだろ。

 「だから、作って」

 秀樹、「だから、作って」は日本語、変だから。

 「最後にみんなで歌う曲を作ってほしいんだ」

 秀樹、悪いけど無理だな。

 「分かっている。一応、締め切りはいついつだから」

 それできないからねって別れたのに、締め切りギリギリにパジャマを着て、譜面とデモ音源を君の家に届けた。まるで僕が作ってくるのが当たり前のように、玄関先で「ありがとね!」と、君は笑顔でひと言。完全に見透かされているよね。

 今年になってから、その曲がシングルカットされているのを知って。僕はそれまで知らなかったんだけど。君のマネジャーにお願いして、音源をもらって、CDの君の声だけ取り出して、今年2月の僕のコンサートでデュエットした。なぜ、今年だったんだろうって不思議でならない。コンサートを見に来て下さった君のファンの方も喜んでくださったって、奥さんが言っていました。

 デビューして、アイドルと呼ばれるようになった僕らは、「その席を後輩に譲らないと」「次の高みを目指さなければ」と考えていた。その方向が僕らは一緒だった。同じ方向を目指していた。秀樹は決してアクション歌手ではない。本物のラブソングを届ける歌手を目指していたことを、僕は知っている。

 1993年。初めての(NHK総合)「ふたりのビッグショー」で共演。一緒に歌った「UNCHAIN MY HEART」。安定のメロディー。ハーモニーの高いパートは僕で、最後に格好良く決めるのが秀樹。でも、僕はそんな秀樹が大好きだった。本当に格好いいと思っていた。

 お互い独身時代が長かったから、何でも話すようになったし、ゴルフも何度も行った。君が車で迎えに着てくれて、僕がおにぎりとみそ汁を用意して、「夫婦か!」って言い合って。僕が「秀樹、結婚するから」って言った時の驚いた顔を忘れない。

 僕が披露宴をした時に、「おめでとう」と君に握手を求められた瞬間、僕にはすぐに分かったよ。こいつ、結婚する。案の定、5か月後に美紀さんと結婚した。

 秋も深まったある日、妻が「もしかして子供ができたかも」と言い出し、驚いた僕は「病院に行って検査してもらおう」と話した。そんな時、君から突然の電話。「俺、まだ誰にも言ってないんだけど、子供ができた」。生まれてみれば、同じ女の子で、君の家が6月3日、僕の家が6月5日。マジか。当然、娘たちの初節句、ひな祭りも一緒に祝ったよね。

 3年前、秀樹の還暦パーティーに出て、サプライズでケーキを持って、ステージに出させていただいた時のこと。秀樹のビックリした顔、今でも忘れられません。遡ること44年前、1974年、僕が「甘い生活」でレコード大賞を取れるという下馬評だったけど、君の「傷だらけのローラ」が受賞。もちろん、君は欲しかった賞だし、当然うれしかったと思う。でも、君は僕の前では喜んだりしなかった。僕を気遣ったんだと思う。それから2年後、2人で受賞した。その時は握手して、2人で抱き合った。

 そして40年後、還暦パーティーで、僕が抱いていいかって言うと、「何だよう」って言われたけど、僕はそんな君を抱きしめた。その時、君は、僕のことを必死に抱きしめ返そうとした。その瞬間に、君の体の全体重が僕に掛かった。それは、僕にしか分からない。

 心の中で「秀樹、大丈夫だよ。僕は大丈夫だからね」、そう思った。それと同時に僕の全身が震えた。こんなギリギリで立っていたのか…。こんな状態で、ファンの皆さんの前に立っていたのか…。そこまでして立とうとしていたのか。なんてすごいヤツだ。彼の大きさに驚いて、一瞬頭が真っ白になって、彼のコンサートなのに、サプライズで来ている僕が「西城秀樹です」って秀樹のファンの皆さんに彼を紹介してしまった。

 秀樹ほど「天真爛漫(らんまん)」という言葉がピッタリな人には、僕はこれまでに会ったことがない。何事にも真っすぐで、前向きで、おおらかで、出会う人全てを魅了する優しさと、全てを受け入れる潔さとたくましさ、そんな君を慕う後輩がどれだけいたか。僕は羨ましかった。

 僕も、ひろみも、秀樹の代わりにはならないけど、まだしばらくは頑張って歌うからね。オマエの分も、歌い続けるからね。君を慕ってくれた後輩たちと共に、僕らが秀樹の素晴らしさを語っていこうと思います。何よりも君を愛し、支えてくれたファンと共に。

 秀樹…、お疲れさま。そして、ありがとう。もう、リハビリしなくていいからね。もう頑張らなくていいから。君のかわいい子供たち、家族をいつも見守ってあげてほしい。オマエの思うラブソングを、天国で極めてくれ。秀樹、お疲れさま。そして、ありがとう。
 

悲しみはあまりにも大きい

 投稿者:りょうべ  投稿日:2018年 5月26日(土)22時18分3秒
返信・引用 編集済
  よしこさん、お久しぶりです!

秀樹の訃報を耳にしてまず絶句、、、言葉がありませんでした。
そしてすぐによしこさんの事が心に浮かびました。
ちびまる子ちゃんのお姉さんと同じく秀樹の大ファンだったよしこさん。
こちらでは主に/^^ハウスバーモントカレーだよほー♪とか茶化して書いていましたが、それは秀樹が超スーパースターで、しかし、それにもかかわらず身近な存在だったからです。昭和のお茶の間、父も弟も元気にテレビを囲んでいた懐かしい家族の思い出に直結する存在でした。
大草原の小さな家に通じる存在です。

特別ファンでもなかった私がこんなにショックを受けているのに、よしこさんの悲しみはいかばかりかと思うと、、、

秀樹の歌の中では「ブルースカイブルー」と「炎」が好きです。ブルースカイブルーを聞くと何度も泣いてしまいます。悲しみはあまりにも大きいです。

よしこさん、五郎の弔辞の中にあった「二人のビッグショー」ご覧になりましたか?私は友達に教えてもらってYouTubeで観ました。とても良い番組でした!
 

ご無沙汰しています。

 投稿者:よしこ  投稿日:2018年 5月26日(土)17時20分0秒
返信・引用
  ついここに来てしまいました。
今日は秀樹の告別式でした。
昨日のお通夜には参列したいと思い青山まで行きましたが、仕事後で遅くなり残念ながら入場はできませんでした。(他にも入場できなかったファンが門の外にたくさんいました)
葬儀所内では、秀樹の往年のヒット曲が延々と流れていました。

献花はできなかったけど、あの場所へ行ってよかったと思います。
でもなんか、お別れという気がしなくて‥‥これからも、今までと何も変わらない関係が続くと思うので。

ここでは秀樹の話もいろいろきいていただいたなーと。
私の誕生日には、秀樹の画像や動画をプレゼントしてくださったり‥‥懐かしく思い出しています。その節は本当にありがとうございました。
そうそう、秀樹が最初に脳梗塞で倒れた時も、この掲示板のババちゃんからの速報で知ったのでしたよね。

あれから随分時間が経ちましたが、秀樹は最後まであきらめずがんばり、ファンはもちろん、いろんな人に元気と勇気を与えてくれました。
最後まで本当にカッコよかった??
今はただ、「おつかれさまでした」と言いたいです。

みなさんお元気でしたでしょうか?
健康に留意し、いつまでも元気でいましょうね。
 

Re: はじめまして

 投稿者:ベベーロ  投稿日:2018年 5月13日(日)23時47分51秒
返信・引用
  > No.8514[元記事へ]

マーさん

初めまして。コメントありがとうございます。
よくぞ、ネットの洪水の中からここを探し出してくださいました。

『大草原の小さな家』好き歴○○年の管理人でございます。

ここも、昔はたいそう賑わっておりましたが、SNSの嵐に吹かれまして(実は、管理人もSNSにはまっているひとりです)、今は閑古鳥が鳴いております。とはいえ、常連さんはいらっしゃいます。

どうぞ、ごゆるりとお楽しみくださいね。いつでも、コメントをお待ちしております。
 

レンタル掲示板
/259