teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→

スレッド一覧

  1. こんな歌が好きだ(18)
  2. IT寺子屋(14)
  3. デモ・集会情報など(28)
  4. 時事川柳(21)
  5. 笑い(4)
  6. 日本の独立(9)
  7. 動画紹介(7)
  8. 一郎ファンです。駄目ですか?(11)
スレッド一覧(全8)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:87/534 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

(ロイター)インタビュー:安倍首相はピーク越えた、年内選挙ない=小沢一郎氏

 投稿者:SOBA  投稿日:2014年 7月23日(水)15時32分0秒
  通報 編集済
  (ロイター)インタビュー:安倍首相はピーク越えた、年内選挙ない=小沢一郎氏
2014年 07月 22日 11:44 JST
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0FR02P20140722

[東京 22日 ロイター] - 小沢一郎・生活の党代表は、ロイターのインタビューに応じ、安倍晋三首相はピークを越え下り坂に入ったと述べ、長期政権に懐疑的な見方を示した。

原子力発電所の再稼働、福島県知事選、沖縄県知事選、消費税率10%への引き上げ判断など、政権の今後を左右する大きな課題を抱え、年内の衆院解散・総選挙はありえないとの見通しを示した。

集団的自衛権行使容認については「日本は憲法第9条によって、日本が直接攻撃を受けたときでない他の国との紛争については、自衛権の発動は認められていない」と反論し、解釈の余地はないとした。

安倍政権による集団的自衛権行使を容認する閣議決定後、専門家の間では、日本が安全保障面で「普通の国」になる一歩だとの評価が聞かれた。1993年に出版された自身の著書『日本改造計画』で「普通の国になれ」と主張した小沢氏に、安倍首相との主張の違いを聞いた。

インタビューは17日に行った。概要は以下の通り。

──かつて主張した「普通の国」と安倍首相の主張する「積極的平和主義」との根本的な違いは何か。

「『普通の国』と最初に言ったときには、日本は特殊な国で普通の人の仲間入りはできないという話をしただけだが、私の真意と異なり、軍備を大きくしてというような、右翼の大国主義というイメージで伝えられてしまった」

「安倍氏が普通の国と言っているかは別にして、私の考えとは違う。安倍氏は、いわゆる戦前の五大強国と言われた軍備を日本は持つべきという、戦前回帰的なイメージを抱いている。安倍氏の言う普通の国というのは、そういった軍事的、経済的な大国主義をイメージしているが、幻想である」

「私は『自立と共生』を唱えてきた。安全保障であれ何であれ、自分のことは自分でするのが当たり前のこと。ただ、それ以上の、世界平和の維持・紛争解決について、国際社会の共同の中で解決していく。すなわち、国連を中心にして解決する、という理想に基づいて日本国憲法は作られている。日本はその理想を追い求めるべきである」

「自分のことは自分でやる。それ以上のことは、国際社会の共生と共同の中で解決していく。安倍氏はそこが抜けているのと、自分のことは自分でというのを戦前の軍事大国としての日本にリンクしたイメージをもっている(点で、私の主張と異なる)」

「今度の集団的自衛権(の問題)も、集団的であれ個別的であれ自衛権に変わりない。当然、国連憲章にも定められているし、自衛権を持っているのは当たり前だが、日本は憲法第9条によって、日本が直接攻撃を受けたときでない他の国の紛争については、自衛権の発動は認められていない。国際協調の中で、国連を中心にして解決を図っていくことが、憲法の理念であり、理想である」

──集団的自衛権行使容認を閣議で決定する手法について。

「この問題は、解釈する余地がない。第9条は、他の国の紛争に自衛権を発動してはならない、と書いてある。解釈する余地がない。条文に書いてない時に(ケースで)、解釈が生まれる。安倍氏は当初、憲法改正に取り組もうとしていたが、雰囲気が悪くなっていくにつれ、だんだん言わなくなった。これは、9条の改正を主張するのが筋道で、それが正しい為政者のやり方だ。安倍氏がやりたいのであれば、国民に憲法9条改正を発議すればよい」

「私は、国連の平和活動には日本は協力すべきだ、という意思は一貫して変わりない」

──安倍政権が長期政権になる可能性は。

「ならない。国民のためにならないし、国のためにもならない。何より国際情勢が楽観できない。長期政権を阻むのは経済的な問題だろう。政治と経済は裏表だから、分けることはできない。世界経済が必ずしも楽観できないからだ」

──9月衆院解散・総選挙の可能性は。

「今年、解散・総選挙はないと思う。滋賀県知事選の結果に政権与党は、とてもショックを受け、がっくりきているらしい。年内には、川内原発再稼働、福島県知事選、沖縄県知事選、消費税率10%引き上げの判断などが控えている。国内情勢だけでこれだけ大きなものがある。今年選挙はありえないと思う。そこをなんとかくぐり抜けていけば、もしかしたら(来年)夏まで持つかもしれない」

「来年の夏までに、世界が平穏無事であれば、安倍政権は続くと思う。そうすると、解散・総選挙するかもしれない。ただし、安倍氏はもうピークを越え、今は下り坂。この坂の角度が大きいか、小さいかという話だ」

*見出しを修正して再送します。

(リンダ・シーグ 吉川裕子 編集:田巻一彦)

関連:↓植草さんの講演から、川内博史氏、鈴木邦男氏、山崎行太郎氏、辻恵氏、森ゆうこ氏の集会最後までのpodcastあります
5月23日(金)小沢一郎議員を支援する会 シンポジウム 『小沢一郎が語る これからの日本の政治と外交』
http://6719.teacup.com/syukensya/bbs/1099


Veteran politician Ozawa: Japan PM's policy shift risks dangerous path
By Linda Sieg
TOKYO Fri Jul 18, 2014 8:36am BST
http://uk.reuters.com/article/2014/07/18/uk-japan-defence-ozawa-idUKKBN0FN0O320140718


Japanese political veteran Ichiro Ozawa speaks at a ceremony to launch his new party in Tokyo in this July 11, 2012 file photo.
Credit: Reuters/Issei Kato

(Reuters) - When Prime Minister Shinzo Abe loosened the limits of Japan's pacifist constitution to drop a ban on its military fighting overseas, many experts said it was a step towards becoming a "normal country" able to do more in its own defence.

But Ichiro Ozawa, a one-time ruling party kingmaker who coined the phrase two decades ago, says Abe's policy is fundamentally different and risks leading Japan down a path with dangerous echoes of pre-war militarism.

Abe's cabinet took a step away from Japan's post-World War Two pacifism this month by dropping a ban on exercising the right of "collective self-defence", or aiding a friendly country under attack. That prohibition has kept troops from fighting abroad since 1945.

Ozawa used the phrase "normal country" in his 1994 book, "Blueprint for a New Japan", written after the 1990-1991 Gulf War. The constitution's constraints then limited Japan's contribution to the U.N.-backed military mission to providing cash.

Many policy-makers were embarrassed when the failure to put boots on the ground was derided abroad as "chequebook diplomacy".

"His ideas are different from the 'normal country' of which I spoke," Ozawa, 72, told Reuters in an interview.

"Mr. Abe’s concept is for Japan to have a sort of pre-war-style, great power military and economy - a kind of pre-war revival," he said.

"He is a good person, but I feel there is something rather dangerous about his political views and ideals as a top leader."

FOUR DECADES

Ozawa has been a fixture in Japanese politics for four decades.

A heavyweight in the long-ruling Liberal Democratic Party, now headed by Abe, he bolted the LDP in 1993 and led a succession of opposition parties.

These included the Democratic Party of Japan, which took over from the LDP in a 2009 landslide poll, but was ousted when Abe surged back to power in 2012. Ozawa is now leader of the small opposition People's Life Party.

Abe's government - which avoids using the term "normal country" - has rejected suggestions by China and some domestic critics that it aims to revive pre-war style militarism.

Proponents say the policy shift, which revises a longstanding interpretation of the constitution's pacifist Article 9, is vital for Japan to cope with a tough security environment, including the rise of an increasingly assertive China and an unpredictable North Korea.

Ozawa, however, has long argued that the constitution limits Japan's military participation in conflicts not directly related to Japan to missions sanctioned by the United Nations.

Allowing participation in operations with allies in other conflicts not directly tied to Japan's defence would require amending the constitution, he says.

"The cabinet can adopt whatever resolution it likes, but there is no scope for reinterpretation," Ozawa said. "To call for a revision of Article 9 would be logical, and that is what a proper statesman should do."

As DPJ leader in 2007, Ozawa opposed a law allowing Japan to refuel foreign ships taking part in U.S.-led operations in Afghanistan, one of the factors that forced Abe to resign abruptly in his first year-long term as premier.

He said the political tide that made him seem right-wing 20 years ago had shifted so much that he now comes across as leftist.

"In the past, I was called right-wing, now they call me left-wing. I have not changed at all," he said.

(Additional reporting by Yuko Yoshikawa and Minami Funakoshi; Editing by Ron Popeski)


 
 
》記事一覧表示

新着順:87/534 《前のページ | 次のページ》
/534