投稿数上限に達したので書き込みできません

  • [4]
  • YouTube出ました⇒2010年12月28日小沢一郎記者会見(高画質)&衆議院議員小沢一郎元代表メッセージ

  • 投稿者:SOBAメール
  • 投稿日:2010年12月28日(火)17時15分59秒
 
YouTube出ました⇒2010年12月28日小沢一郎記者会見(高画質)&衆議院議員小沢一郎元代表メッセージ

2010年12月28日小沢一郎記者会見(高画質)
http://www.youtube.com/watch?v=9avfZCaQAQE





 以下、の中村哲治議員のブログから転載。

小沢一郎記者会見テキスト:挙党一致で「国民の生活が第一。」の政治を実現するために
http://d.hatena.ne.jp/NakamuraTetsuji/20101228

挙党一致で「国民の生活が第一。」の政治を実現するために

 私はこれまで、菅代表及び岡田幹事長から、自発的に政治倫理審査会へ出席するよう要請を受けて参りました。それに対し、私は、政治資金に関する問題はすでに具体的な司法手続きに入っており、三権分立や基本的人権の尊重という憲法上の原理原則からいえば、立法府の機関である政倫審に出席する合理的な理由はない、ただ、私が政倫審に出ることで、国会運営が円滑に進められ、あるいは、選挙戦においても国民の皆様の支持を取り戻すことができるということであれば、政倫審に出席することもやぶさかでないと、繰り返し表明して参りました。

 そうした中で、先般、民主党の最大の支持母体である連合から、挙党一致の体制で難局を乗り越えるよう、強い要請を受けました。また、国民の皆様、同志の皆様にも、多大なご心配をおかけしていることを、大変申し訳なく思っております。これらのことを総合的に考え、私は政治家の判断として、来年の常会において、政倫審に自ら出席することを決意致しました。

 具体的に申し上げます。

 第一点目として、常会において私が政倫審に出席しなければ国会審議が開始されないという場合、すなわち、私が出席することにより、予算案の審議をはじめ、国会の審議が円滑に進められるということであれば、常会の冒頭にも出席し、説明したいと思います。

 第二点目は、私が政倫審に出席するかどうかということが、国会審議を開始するための主たる条件ではないということであれば、国民の生活に最も関連の深い予算案の審議に全力で取り組み、その一日も早い成立を図らなければなりません。したがって、私はこの場合には、予算成立の後速やかに政倫審に出席したいと考えております。

平成22年12月28日

衆議院議員 小沢一郎

※pdfでも出ています。(PDF:41KB)
http://data.tezj.jp/2010-1228ozawa.pdf


関連:以下、あいば達也氏のブログ記事がなかなか読ませます。
小沢一郎の戦術と決断 「輿石さんがそれほど言うなら政倫審に出ますよ」
http://blog.goo.ne.jp/aibatatuya/e/24d0f0faa93bacf9ee15784ef93b6074




http://soba.txt-nifty.com/zatudan/



スレッド一覧

  1. こんな歌が好きだ(18)
  2. IT寺子屋(14)
  3. デモ・集会情報など(28)
  4. 時事川柳(21)
  5. 笑い(4)
  6. 日本の独立(9)
  7. 動画紹介(7)
  8. 一郎ファンです。駄目ですか?(11)
スレッド一覧(全8)  他のスレッドを探す  スレッド作成 掲示板に戻る

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成