teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:93/163 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

系図書き

 投稿者:川崎市幸区の浦野です。  投稿日:2007年 5月31日(木)23時53分53秒
  通報 返信・引用
  お返事有難うございます。与平次様、暫くぶりで書き込みいたします。我が家のご先祖様のことですが、祖父、祖母とも他界したので、祖母の末の妹さんに(そのことに対して一番くわしい)江戸時代などに住んでいた正確な場所など聞いてみたいと思います。それから失礼ですが、我が家の系図書きなど、見ていただきたいと思っています。
 幕末などのエピソードがあって(口伝)、その当時のご先祖様の娘さん(私の何代もさかのぼった叔母さんといいましょうか)が領地にいくと、ひいさま、ひいさまと呼ばれて歓迎されたとか、幕府終焉のとき(大名としての徳川家終焉のときか)大金が下げ渡されて、取り巻きが出来て全て遊んで使ってしまったとか、明治になりかつて住んでいた屋敷を引き払って数年たってから床下から小判が出たとか(今と違って見つけた人が全部取ったそうです)それから明治初期にも当時息子だった方が、甲州や信州のほうまで菩提寺をめぐって、調べて、いま家にある物よりもくわしい家系図を作成したらしいのですが、それを自分の年長者(その人の父か祖父だろうとおもわれる)に見せたところ、「こんなものはお金にならない」というように言われて引き裂かれてしまったそうです。(文明開化か廃仏棄却の世だったからでしょうか)というわけで、昔は発注者(小普請奉行?)だったのですが今は発注されるほうでございます・・・w我が家の事だけでもこれだけのことがあるので、歴史というのは本当に面白いものですね。
 
 
》記事一覧表示

新着順:93/163 《前のページ | 次のページ》
/163